四日市大学環境情報学部



四日市大学キャンパスにも秋の気配が


残暑が続き、まだ講義中にエアコンを使っていますが、四日市大学キャンパスにも秋の気配が近づいてきました。学生駐車場西側(テニスコート側)の木々の中でアケビの実が熟し始め、学生食堂横のカリンの実も黄色く色づいてきました。6号館裏に自生する栗もいががはじけて茶色い実が落ち始めました。

この栗ですが、毎年10月上旬に一斉に結実し落下します。今年は例年に比べ気温が高いため、少し遅れていたようです。この栗は市販のものと比べ、半分の大きさですが、味は変わりません。拾って帰り、秋の味を楽しんではどうですか。

間もなく食べられるアケビの実

学食横のカリン。


6号館前のケヤキも色づいてきた。

6号館裏の栗の木

大学中庭も色づき秋景色。この植栽も間もなく真っ赤になる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:370703
現在の訪問者数:0