四日市大学環境情報学部



陽光ビオファームで農業体験


環境情報学部の武本ゼミと千葉ゼミの学生が平成27年10月16日(金)にいなべ市大安町の農業生産法人・陽光ビオファームで農業体験を行いました。この活動は毎年続けているもので、同法人には学部卒業生の宮本竜也君が農業部門のチーフとして働いています。安全安心な農業を進める同法人の活動や、地域農業の姿を学生たちに知らせることの他に、農業や自然体験の楽しさを通じて、ゼミ学生の親睦を図ることも活動の目的としています。
 
活動の当日は晴天となり、少し作業をするだけで汗が出る程でした。いなべ市の肥沃なクロボクの大地で育ったサツマイモを学生達は次々と掘り当て、大きなイモを見つけると歓声を上げていました。約1時間半の作業で軽トラの荷台一杯のイモを堀り上げましたが、慣れない作業のため、イモに傷をつけてしまうことが多々あり、陽光ビオファームさんにはご迷惑を掛けてしまったかもしれません。
 
作業後に、事務所で蒸かしイモと素揚げのイモを振る舞っていただき、皆で美味しくいただきました。雄大な藤原岳と竜ヶ岳が見降ろす大地でのゼミ活動は爽快でした。学生たちには土産のイモも多数頂戴し、良い思い出になりました。陽光ビオファームの皆様、大変お世話になりました。
 

最初に宮本先輩(写真左下)からサツマイモの掘方の説明を受けた。


楽しく作業をする学生達


大きなイモを堀上げると歓声が上がった。


大きなイモを掘り当て、笑顔の学生。大安町の抜けるような青空が印象的だ。背景の山は養老山地。


大きなイモを3つ掘り当て、記念撮影。


作業後に養老山地を背景に記念撮影。写真の一番左は陽光ビオファームの丸山社長だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:395144
現在の訪問者数:0