四日市大学環境情報学部



廣住講師が土壌肥料学会中部支部会で特別講演


2016年3月3日(木)~4日(金)の2日間、三重大学で開催された日本土壌肥料学会中部支部第95回例会で、廣住講師が1時間の特別講演を行いました。この例会には、中部圏にある農学系の大学や研究所から50名以上の教員・学生・研究者が集まり、それぞれの研究成果を発表しました。廣住講師はこの例会に特別講演講師として招かれ、「農地のレントゲン診断~エックス線を使って土壌構造を測る」と題した講演を行いました。
 

土壌にはいろいろな「構造」があります。それぞれの構造は大きさも形も土壌の中で果たす役割も違います。


ガラスビーズと砂の軟X線画像。粒子の大きさによって軟X線画像も異なります。


土壌の軟X線画像を3次元座標上に表示しています。土壌にできた亀裂の形がはっきりと読み取れます。


ガラスビーズの軟X線画像を3次元座標上に表示しています。上の画像とはまったく違った画像です。ガラスビーズの形がよくわかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:370467
現在の訪問者数:0