四日市大学環境情報学部



武本ゼミが十四川と市中部の海蔵川および上流の竹谷川を調査


2018年2月16日(金)と20日(火)の午前中に武本教授と高橋元教授、ゼミ生らが十四川および海蔵川の本支流と上流の竹谷川・大口川を調査しました。この調査は学内のセミナー調査研究の一環として行われています。

富田地区の十四川は7年ほど前から十四川を守る会と共同で調査しています。今回は冬の導水期で、北鵤町で朝明川からの流入水があり、流量はやや多めでした。中流部のスーパーサンシ付近では、家庭排水や田畑からの流出水があり、有機汚濁が認められ、COD(化学的酸素要求量)値は高めでした。

海蔵川は5年前から下流と中流で継続調査しており、一昨年度調査依頼があった上流側も追加して行われています。海蔵川上流の大口川(菰野町)にある養豚場や竹谷川上流の県地区の養豚場からの排水が水系の汚染を起こしていることから、県地区市民センターの矢田館長や竹谷川の蛍と桜を守る会と共同で調査実施中です。

県地区では、高濃度の畜産排水有機汚濁のため、蛍が減少したり、稲作が被害を受け、対策が急がれます。夏には大風で稲が倒伏する被害がでており、かつ水田は富栄養の状態になっていて施肥がいらないそうです。ちなみに、窒素分を表すNO3(硝酸)やNH4(アンモニア)は高濃度でした。

十四川下流部:豊栄橋での採水風景

中流部の商業施設付近での採水(流量は少ない)

最上流部:東ソー倉庫近くの十四川での調査

県地区の守る会の皆さんと海蔵川上流の竹谷川の支流へ

海蔵川上流の大口川付近の水田地帯での採水


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:472182
現在の訪問者数:0