四日市大学環境情報学部



交流ブログ

オーストラリア環境スクールも前半の6日間が終了しました。学生たちは充実した毎日を過ごしています。前回の投稿で3日目までを報告したので、今回は4日目(8/23)から6日目(8/25)を報告します。
 
8月23日には午前中にLogan市にあるLandfill(廃棄物処分場)を見学しました。Logan市はBrisbaneの南にあり、副所長(deputy manager)のBrodleyさんから最初に、処分場の歴史、構造、安全確保のしくみなどの説明がありました。Logan市の処分場は豪州6番目の規模で、行政だけでなく市民が直接車で廃棄物を持ち込むこと、その廃棄物からリサイクルできるものなどを取り除き、埋め立てる量を最小化していること、リサイクルできるものは場内で販売していること、などの説明がありました。また、埋立場所を見ながら、地下水へ汚染水が出ないようにする対策、水質検査のこと、脱臭の処理方法などの説明もありました。
 
学生たちからは多くの質問がありましたが、一番白熱したのは、何故、日本のように焼却処理をして減量化しないのかということでした。Brodleyさんは答えに多少困っていましたが、焼却処理が科学的に無害な方法だとしても、豪州の住民は決して納得せず、自分たちの地域には焼却場の設置を認めないので無理なのだと答えていました。お国柄の違いを感じた一場面でした。
 
午後はM.Kym Mayes氏からEcoBizの授業がありました。Mayes氏はQueensland州の環境大臣だった経歴の持ち主で、EcoBizの第一人者です。EcoBizは一言で言えば、省エネ・省資源を企業に奨励する仕組み(ビジネスモデル)です。積極的に取り組む企業にロゴの使用を認め、成績の良い企業は表彰し、補助金やライセンス料の減額などを行います。今年になり州の政権が保守派に交代になり、EcoBizがいったん廃止されたのが非常に残念と何度も話していました。非常に分り易く、ユーモアのある話しぶりに学生たちも引き込まれていました。
 
その後、2回目の英語の授業がありました。前回と同じ女性教師で、今回もいろいろ工夫のある教材を用意してくれましたた。主な内容は明日行く予定のNorth Stradbroke島の事柄で、英語を勉強しながら、BrisbaneやQueensland州のことを覚えるという内容でした。学生たちは授業に次第に慣れてきており、昨日よりもスムーズに授業に参加することができました。
 
8月24日はNorth Stradbroke島での野外活動でした。同島はBrisbaneの北東にある小島で、砂の島で有名なMoreton島の南にあります。フェリーでMoreton湾に出ると、周辺はマングローブが生えた干潟で、マングローブの緑と、干潟の黄色と、海の青色の変化が美しかったです。この景観の美しさに学生たちは大喜びで写真を撮っていました。
 
North Stradbroke島では、最初にアボリジニの末裔の説明員からアボリジニの世界観、狩猟民族であること、自然にあるものの利用の仕方、一度狩猟をし過ぎて野生動物を減らし、そこから学んだことなどを聞きました。また民族楽器やブーメランの実演も見学しました。
 
次に向かったAmity Pointで食事をとりましたが、食後にレストラン横のユーカリの樹上に野生のコアラを見つけ、学生たちは大喜びで写真を撮っていました。その後、有名な景勝地であるPoint Lookoutに向かいました。ここでは、崖上の散策路を歩いて景観を楽しみましたが、見下ろす海は絶景で、海中にマンタ(4-5匹)、大きなウミガメ(2匹)、サメ(1匹)などを見つけました。イルカやクジラも良く見られるそうで、学生たちは残念がっていました。散策路を抜けた所でアイスクリームを購入し、皆で楽しみました。
 
その後、Cylinder Beachに向かいました。水温は20℃と低めでしたが、学生たちはズボンを巻き上げて、裸足になって波と戯れました。砂の粒子が大変細かく、砂浜を歩くと、キュッキュッと音が出る鳴き砂でした。水泳も出来たのですが、ほとんどの学生は水着を持参しておらず残念でした。なお、水着を持ってきた女子学生1名は水着に着替えて元気に海に飛び込んでいました。(サメが来なくて良かったです。)Cylinder Beachからの帰路でも野生のコアラを2匹見つけ、一匹は子供を抱いていたため、学生たちは大喜びでした。
 
8月25日は土曜日で午前中が自由時間となり、午後にThronesideという街で植樹活動をしているHelen Street Bush Care Groupの作業を手伝いました。この地域は野生のコアラの生息地ですが、開発で樹木が減り、コアラの生息数が減少しているということでした。
 
苗木が用意してあり、学生たちは穴を掘って、苗木を埋める作業を行いました。腐葉土は数cmで、その下に堅い粘土層があり、それをハンマーのような道具で崩して穴を掘り、保水用のジェルを底に入れ、苗木を入れ、苗木の周りを黒土で囲み、さらに腐葉土を戻すという作業です。
 
目標は400本ということで始めましたが、途中で黒土が足りなくなり、200本程度で作業を終了しました。地域の方々は大変フレンドリーで、学生たちも地域の方々と英語で会話しながら楽しく作業を進めました。当日は快晴で、気温がどんどん上昇したため(約24℃)、大変でしたが、地域の方から大変喜んでもらい、学生たちも楽しい気持ちで現場を後にしました。
 
これで千葉の引率期間は終了です。27日から新田先生にバトンタッチします。
なお、8月26日(日)は終日自由時間です。学生たちは、Brisbaneの中心街に出て、いろいろ楽しむ計画をたてています。
 

Logan市のLandfill(埋立場)で副所長のBrodleyさんから説明を聞いているところ


 

埋立場の風景


 

車中でBrodleyさんの説明に耳を傾ける学生たち


 

埋立処分場に設けられたリサイクル品販売コーナーで説明を聞く学生たち


 

North Stradbroke島に向かうフェリーの上で。3大学の学生はすっかり仲良くなった。


 

アボリジニ末裔の説明員からアボリジニの文化について聞いた。写真は岩をこすって、染料や薬品に使ったとの説明を行っているところ。


 

岩をこすって出来た染料で勇者は顔に水平線を入れると聞いて、早速真似する学生たち


 

景勝地Point Lookoutで記念撮影。


 

Cylinder Beachは本当に綺麗な砂浜だった。波と遊び、時間を忘れた。


 

Cylinder Beachからフェリー乗り場に向かう途中で、野生のコアラを見つけた。


 

コアラはやっぱり可愛かった。


 

Helen Street Bush Care Groupから植樹方法の説明を聞いているところ。このあとで、ユーカリの苗木など200本を植えた。


 

堅い粘土層を砕くために、鉄のくいをふるう学生。結構、重労働だった。


 

Helen Street Bush Care Groupの皆さん。大変フレンドリーな方々だった。学生たちは、この方々と英語で談笑しながら作業を進めた。


 

植樹作業を進める学生たち。快晴で気温は24℃まで上がり、作業は大変だったが、地域の方々に喜んでもらい、コアラのためにもなりそうで、学生たちは嬉しそうだった。



学部恒例のオーストラリア環境スクールが始まりました。新田先生のご尽力で続けてきたこの海外環境研修も6回目となり、今年は学部から14名、他大学(三重大学、聖学院大学)からは5名が参加する賑やかな催しとなりました。前半は千葉が、後半は新田先生が引率することになっています。
 
スクールは8月20日から9月2日まで行われ、既に最初の3日間が終わりました。8月20日に成田空港から出発し、シドニー経由でブリスベンに入りました。参加学生たちは、海外渡航が初めての者が多く、興奮もあり機内ではなかなか眠れなかった様子でした。オーストラリアの季節は冬ですが、ブリスベンは比較的温暖で、朝は8~9℃、昼間は24~25℃くらいになります。早朝にブリスベンに到着したので肌寒く、学生たちは「寒い寒い」と口にしていました。ブリスベンからはUQ(クイーンズランド大学)のスタッフのお世話になり、小型バスで大学に入りました。
 
UQ到着後は、大学中央の建物前で記念撮影をし、学食(フードコート)で昼食をとり、早速授業となりました。結構、ハードなスケジュールです。UQには我々のような短期留学の者も含めて、多様な人種(アジア系多数、日本人も多い)の学生が集まっていて、大変賑やかです。また、キャンパスは広大で自然豊かです。このような環境の中で勉強をすることで、参加した学生たちはいろいろな経験をするでしょう。ホームステイもあります。彼らがこのスクールを終えて、どのように変わってゆくのか、今から楽しみです。
 

成田空港でQHインターナショナルの遠藤取締役から旅行の注意事項の説明を受けた。


 

機内の様子。これからの旅程を考え、心は弾む。他大学の学生ともすぐに親しくなった。


 

シドニー空港でブリスベン行を待っているところ。航空会社から何もアナウンスのないまま予定より1時間多く待たされた。他の乗客も辛抱強く待っていた。オーストラリアタイム(のんびりした時間感覚)とのこと。


 

シドニー空港を飛び立つと、眼下にはシドニーの市街地とシドニー湾が広がった。写真中央はオペラハウス。


 

多様な人種の学生たちでごったがえすUQの学食(フードコード)。写真右は今回のスクールのUQ側スタッフのリーダー、Ms Kerrel。大変親切な人だ。


 

最初の英語の授業では、自己紹介を互いに行った。


 

英語の授業の様子。女性教師で優しそうな方で、いろいろ工夫した教材で勉強ができそうだ。
 

ブリスベンの名所を紹介した英文記事が準備され、それを速読で読んで、教師からの質問に答えるという授業が行われた。学生たちはグループになり、相談しながら答えを探した。


 

環境分野の授業(Cleaner Production)の授業を受けているところ。Cleaner Productionとは主に企業が行う省エネや省資源の取り組みのこと。企業経験の無い学生には難しい授業だったかも。講師は、一所懸命に分り易い授業をしてくれた。なお、環境分野の授業には日本語通訳がついています。


 

ブリスベン川の支流のOxley Creek(オックスレイ川)で環境調査の野外授業を受けるためにバスで向かうところ。


 

Oxley Creekのほとりで、芝生に腰をおろして、野外授業を受けているところ。この後、水質調査、指標生物調査を行った。周囲はのどかな公園で、ユーカリの大木が生え、小鳥の声を聴きながらの授業となった。



四日市大学環境情報学部・粟屋、武本、播磨

2012年8月10日(金)-12日(日)に 四日市大学9101教室にて、四日市公害判決40周年セミナーを実施しました。1日目は、市民や団体の方々約100名が参加。午前中に三田産廃処分場やコンビナート企業群、フェロシルト投棄現場など見学し、昼食。休憩後、午後には、 「日本の公害とこれからの四日市」として、大阪市立大の宮本憲一名誉教授が基調講演、「72年の公害判決勝訴によって、全国の公害に歯止めをかけ、公害対策の原点となったが、成果が都市の環境政策に生かされておらず、四日市が最も遅れていて、公害資料館もやっと設置の機運となった。環境再生の視点から町づくり(特にウォーターフロント)を検討しなくては。」と述べました。ついで、シンポジウム「四日市裁判闘争と市民運動」として、澤井、栗田、郷、伊藤(章治)各氏による裁判の勝利の過程での苦闘の状況、この米本判決が政財界を震え上がらせた結果、公害対策が進んだとのこと。しかし、市民運動は四日市では低迷したことなどが述べられました。
2日目はシンポジウム「40年の歴史とこれからの四日市」で河村、唐沢、野田、伊藤(栄)、矢賀の各氏による討論会で、異臭魚問題や中電・三重火力の当時の現場内部、公害教育や患者救済活動・公健法の実情などが紹介されました。午後は、「全国の運動と資料館の交流」とのことで、四大公害のうちで,他の3地域の水俣病資料館、新潟水俣病資料館、今年創設されたイタイイタイ病資料館などの現状報告と全国の患者の会の活動が述べられました。
3日目は「地震・津波とコンビナート災害」愛知大学の宮入興一教授の話で、東日本大震災の教訓にどう四日市コンビナートと市民は学ばねばならないかが紹介されました。また、市民による環境活動が紹介され、高松干潟・磯津環境学校・Aカフェ・デポネット・環境市民大学よっかいち・森林整備からの発表がありました。最後に、「2012ノーモア公害宣言」を採択し閉会となりました。



平成24年8月26日(日)に四日市市勤労者・市民交流センター「四日市市環境シンポジウム」が開催されます。四日市大学関係者も次の企画で参加します。奮ってご参加ください。
 
1.講座「四日市市における未来への環境保全活動」10:00~12:00
矢口芳枝さん(四日市大学エネルギー環境教育研究会代表)が発表を行います。
 
2.パネルディスカッション「未来の四日市のために」14:00~15:15
小林慶太郎准教授(総合政策学部)が司会を務めます。
 
3.展示 9:30~15:30
(1)四日市大学自然環境教育研究会
テーマ:100年後につながるために
内容:生物多様性を目指す研究会の次の取り組みを紹介します。
①鈴鹿山系の「ブナ」を地球温暖化から救えないか
②絶滅危惧種「シデコブシ」を守るために
③特定外来生物「アレチウリ」から河川の生態系を守る戦い
 
(2)四日市大学エネルギー環境教育研究会(2ブース)
テーマ1:持続可能な社会づくり「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト」の取組み
テーマ2:持続可能な社会づくりは「環境教育の人づくり」
 
シンポジウム事務局のHPはこちらです。シンポジウムのチラシがダウンロードできます。
 



平成24年8月10日(金)に鈴鹿山脈のブナ林の毎木調査を行いました。四日市大学自然環境教育研究会の皆様と環境情報学部学生4名(近藤勇人、辻浩明、村井將泰、柳川大輔)と教員2名(井岡、千葉)が参加しました。調査の目的はこちらをご覧ください。
 
当日は天気予報がはずれて朝からぐずつき模様となり、山に入ると霧が立ち込め、小雨もぱらつく生憎の状況となりました。その中を何とか標高750m以上にあるブナ林まで登り、調査を始めました。
 
今回の調査対象のブナ林は急斜面が多く、初めて参加した学生は少し驚いた様子でした。斜面で何度も滑りながらゆっくり調査を進め、約40本のブナの正確な位置(緯度経度)、直径、高さ、枝数、生えている斜面の方位などを記録しました。本来はもっと多くのブナの調査を行うのですが、足場の悪さや悪天候もあり、今回はこの程度の数となりました。
 
調査を終え、山を下り始めると天気は次第に回復を始め、おだやかな日差しの中、研究会の方々と樹木に関するおしゃべりなどをしながら山麓まで帰りました。
 
四日市大学自然環境教育研究会は、これまでに調査した200本以上のブナのデータを分析して、標高に応じた樹齢や分布の特徴などを既にまとめています。この結果は8月26日に行われる四日市市環境シンポジウムで発表される予定です。
 

笹枯れの後にブナの実生がたくさん生えていました。実生の周りに茶色のネットがありますが、これは動物の食害を調査するためのものです。写真からも霧が立ち込めている様子がわかります。


 

調査に先立ち、調査方法の説明を聞く学生たち


 

ブナの直径と樹齢の関係を説明する保黒時男研究会代表


 

急斜面での調査の最中に一休みする学生たち



 2012年8月6・7日に 四日市市少年自然の家にてサマースクールを実施しました。1日目は午前中に水沢浄水場を見学し、水処理の話を聞き、場内見学をしました。終了後に少年自然の家へ向かい、午後から自然観察会(自然環境教育研究会理事:川村氏)を行い、周辺の散策と植物チェック、サンプル採取後、研修室にて約20種の植物名を確認しました。雷雨となったため、夜は高橋教授による「宇宙に関する講話」を聞きました。

 2日目は起床後に展望台まで散歩し、四日市の町並みを展望しました。あいにくガスが出ており遠方が見えにくかったのですが天気は良好でした。9時からは環境研修を行い、現場へ出かけて水採取を行い、水質簡易分析(武本班)で沢の水と大門池を比較しました。

 生物の田中班は大門池でプランクトンを採取後、顕微鏡での観察と同定を行いました。高橋班は簡易大気観測で気温、湿度、風向風速、視程、天気、紫外線量、ダスト、CO2、オゾンなどを測定しました。その後、研修室でまとめの作業とグループ発表を行いました。

 昼食後に田園ウオーキングを行い、近隣のふれあい牧場まで散策しました。牧場到着後、牛やヤギの観察を行い、とれたてのミルクやアイスクリームを賞味しました。

 参加者は高校生21名、四日市大生5名、教員4名(うち高校の先生は2名)で合計30名で、天候にも恵まれ、参加者は全員満足し、帰途につきました。
 

展望台にて集合

兜ミジンコの顕微鏡写真

浄水場での水の濾過実験



平成24年8月8日(水)に行われた四日市こども科学セミナーに環境情報学部の学生8名がアシスタントとして参加しました。このイベントは四日市市教育委員会が主催し、子供たちに理科の楽しさや宇宙の不思議さを伝えることを目的としています。会場は四日市文化会館です。
 
当日は、午前に「ものづくりのまち四日市」と題して、コンビナートの企業群がブースを展示し、そこで分かり易い実験を行い、子供たちを楽しませました。午後にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の平林久先生による宇宙クイズが行われ、渡辺克己氏による軽妙なナレーションも加わり、多数集まった子供たちを大いに盛り上げました。子供たちからの質問は専門家も答えにくい「宇宙の不思議さ」に迫ったものが多く、また質問が多すぎて時間内には応じられないほどの活況でした。
 
このセミナーは今年度が第1回目です。四日市市はこれを長期的に続ける計画で、田中俊行市長や田代和典教育長も挨拶の中でその点を強調されていました。そのために、今後は地域でセミナーを支えてゆく運営形式を検討するとのことです。
 
今回、四日市大学は学生が参加したのみですが、地域の高等教育機関として、子供たちの理数教育への協力を求められています。この分野では、既に本学の関孝和研究所が「ひらめきときめき」などの取り組みを進めていますので、それを機軸にした展開も考えられるのではないでしょうか。
 

子供たちを班分けしてブースに案内する森野直行君(環境情報学部2年生)。


 

(株)タートルエデュケーションによる「子ども科学捜査隊」ブースで案内する近藤勇人君(環境情報学部2年生)。


 

東ソー(株)提供による「コースターの制作」ブースの様子。子供たちは創意工夫によりオリジナルコースターを制作した。小入道君などの力作もあった。


 

JAXAによる講演の受付をする環境情報学部の学生(石川蓮君、伊藤和成君、加藤優実さん、近藤勇人君、辻浩明君、西政紀君、西岡大輝君、森野直行君)たち



よっかだいエコ活動(正式名称は四日市大学環境協働活動会議)の学生達が大切に野菜を育てている畑を動物に荒らされ、収穫間近なスイカやトマトが食べられました。写真をアップします。イノシシ?サル?タヌキ?犯人動物は特定されていません。
 
大学の周囲は自然豊かな里山になっており、キジ、キツネ、タヌキなども時々見かけます。サルはキャンパスでは見ませんが、北勢地区には多数のニホンザルが生息しているので来ないとも限りません。学生達は対策を検討中です。
 

見事に中身を食べられたスイカ。
(写真提供:森川和樹)


 

トマトも被害にあった。



 よっかだいエコ活動のメンバーが7月21日(土)と7月22日(日)の2日間、三重県環境学習センターで行われたMieこどもエコフェアに参加しました。この行事は環境学習センターの主催で毎年7月に行われているもので、三重県環境生活部、三重県下水道公社、四日市商業高校や地元のボランティア団体、よっかだいエコ活動などが参加しています。
 
 よっかだいエコ活動から今年は延べ20名の学生たちが参加し、竹ぽっくり(竹で作った下駄のようなもの)や竹トンボなど、竹を用いた遊びを披露しました。初日は残念ながら時折激しい雨が降る天気模様で、屋外の展示は困難でしたが、建物内で竹ぽっくりを行い、またイモマンと子供たちが仲良く遊んだりしました。2日目は雨も小降りになり、野外で竹トンボを楽しみ、エコ活動のキャラクターが描いてある塗り絵を楽しんでもらいました。
 
 2日間を通した活動は、竹という天然のものを子供たちに触れてもらい自然に親しんでもらう良い機会になったと考えられます。
 

塗り絵作業風景


 

竹ぽっくりでイモマンと遊ぶ子供たち



環境情報学部で卒業研究の中間発表会が7月27日(金)に行われました。卒業研究テーマを早めに決定して、充実した研究を行うために設けられた催しです。今年度は環境専攻で28名、情報専攻で19名の学生が中間発表を行いました。一人3分間の短い発表でしたが、自分の目指す研究内容をスライドにまとめて、皆の前で堂々とプレゼンテーションを行っていました。暑い夏を乗り切り、立派な研究に仕上がるのが楽しみです。卒業研究の最終発表会は来年1月に行われます。
 
今回発表された研究テーマを幾つか紹介します。
○環境専攻
ニチニチソウ(Catharanthus rouseus)の生育と花弁に及ぼす人工酸性雨の影響
ラッカセイ(Arachis hypogaea)の根粒形成に及ぼす窒素肥料レベルの影響
入鹿池におけるプランクトンの季節変化
津市宮池の動植物プランクトン相
ラニーニャ現象と日本の季節変動
自宅周辺と四日市市測定局3局における1年間の大気中NO2濃度の比較
公害の教訓 長野ゲストハウスを事例とした地域コミュニティの形成
カンボジア クメール・ルージュによる米栽培政策がもたらした悲劇とその後(社会人学生)
 
○情報専攻
JavaScriptによる植物育成ゲームの制作
APPInventorを用いたアンドロイドアプリの開発
Eclipsを用いたAndroidアプリ制作
jQueryMobileを用いたスマートフォン用HPの作成
時刻表アプリの制作(iアプリ)
 

情報専攻の中間発表会の様子



受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:395144
現在の訪問者数:0