四日市大学環境情報学部



交流ブログ

環境情報学部の教員有志は、総合地球環境学研究所の上級研究員である渡辺一生氏(環境情報学部1期生)とドローンを活用した地域研究を開始します。研究対象は、①いなべ市等の中山間部で深刻な問題となっている獣害(シカやイノシシによる農作物や林地の食害)問題、②農作物の生育状態、③里山で勢力を拡大する竹林の調査などです。
 
2月25日に大安町の農業生産法人陽光ビオファーム(代表、丸山康子氏)を訪問し、法人の所有する農地の調査について打ち合わせました。陽光ビオファームは環境情報学部10期生の宮本竜太氏が生産部門の責任者です。その後、農地でドローンを飛ばして、調査の方法を確認しました。作物の生育状態はドローンで撮影する近赤外線画像等から判定します。本格的な調査は4月以降に始まります。
 

調査予定農地(ネギを定植予定)でのデモフライト


渡辺氏(左)と宮本氏(右)


 
その後、いなべ市北部に移動し、獣害調査を行う地域の3次元マッピングをドローンを用いて行いました。渡辺氏がドローンの飛行経路と撮影地点(等間隔のメッシュ点)を事前にプログラムし、離陸と着陸についてはマニュアルで操作しましたが、後は全自動でドローンが撮影地点まで移動し、地上を撮影し、帰ってきました。昼間の調査であれば、専門のパイロットはほとんど不要なところまでシステムは進化しています。
 
3次元マッピングとは、撮影画像から地上面の立体モデルを作成する作業です。害獣の発見地点や移動経路などを立体モデルに落とすことで、害獣対策の詳細な検討や地域の方々への分かり易い説明が可能になります。
 

撮影点(ドローンの飛行経路と停止位置)をタブレット上で設定中。画面にタッチしながら簡単に入力できる。


3次元マッピングのためのフライトを行う渡辺氏


 
そして、2月25日の深夜に日本でも例の少ないドローンの夜間飛行による害獣調査を実施しました。ドローンに搭載した熱赤外線カメラを用いて約1時間の調査を行いましたが、のべで10匹以上のシカを発見しました。興味深いのは、熱赤外線画像で獣道(けものみち)が明瞭に捉えられた点です。獣道は草丈が低かったり、土が露出していたりするので、周囲と温度差があることがその原因です。可視光では区別しにくい獣道を熱赤外線で見つけられることは獣害対策に役立つ情報です。
 
そして、この獣道に沿って歩くシカの群れを見つけることができました。可視光ではないので、シカと断定はできませんが、細長い身体からシカであることは間違いないと判断しました。
 

離陸直後のドローン(渡辺一生氏撮影)


熱赤外線画像の例(中央の白い点がシカ)(長谷川博久氏撮影)

 
   
今回の調査で、シカの移動経路、シカの摂餌場所、一定面積内のシカの頭数などが判明し、今後の獣害対策(ワナや檻の設置位置、自動車道路を横切る場所への警告標識の設置など)に活用できると考えられます。このような調査を今後も継続する計画です。なお、この夜間調査はNHKの取材を受けました。
 
撮影した熱赤外線映像



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修を終え、いよいよ帰国の途につきました。引率している山本教授からの報告です。
 
出会いがあれば別れがある。長いようであっと言う間の二週間が過ぎ、いよいよブリスベンともお別れの日がやってきました。一人残れるオーストラリアの空港職員のお姉さん(撮影飛込みです)の嬉しそうな笑顔とは裏腹に、学生諸君は皆悲しくて悲しくて。「きっと帰って来る!」「将来は留学する!」「ホストファミリーを忘れない!」という声があちこちから上がっていました。
 
今回の研修が学生諸君にとってかけがえのない経験になったことは間違いないでしょう。この経験が明るく充実した現在そして未来につながることを祈って止みません。【以上、文責 山本 伸】
 
 



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の最終日を迎えました。引率している山本教授からの報告です。
 
ついに大学への登校最終日がやってまいりました。授業はなく、ラップアップの修了式。ITCEを代表してシェリルさんが修了証書を手渡してくれました。このシェリルさんの顔どこかで見覚えが…。そうです、先週土曜日のビクトリアポイントでの植樹ボランティアのリーダーだったあの人。実はICTEのお偉いさんだったんです。でも、相変わらずの気さくなノリで、修了式はカジュアルかつ晴れやかに執り行われました。
 
 
 
そして、いよいよお待ちかね、この後ご褒美のゴールドコーストツアーへとバスは進みます。運転手さんは先日も運転してくれたピーターさん。ブリスベンからゴールドコーストへは約70キロの距離。ワイワイがやがやのバスの旅は一時間足らずで終わりを告げました。着いてすぐ皆が思ったこと、まずは風が違う、そして光が違う。思わず、ここはハワイ? その名の通り、まさにサーファーズパラダイスが目前に広がっております。同行してくれたのはずっとお世話になっているキャロルさんで、なんと彼女自身も水着持参。さすがオージー、楽しむことを忘れてはいません。
 
 
 
厳しい日差しの中で、日焼け止めを塗り塗り、親切にも持参していただいたクイーンズランド大学のロゴ入りタオルのうえに皆思い思いに腰を下ろし、人生初のゴールドコーストを体感したのでありました。その後、時間を惜しむようにビーチの先へと繰り出す学生諸君。広い砂浜の向こうには、最高の波しぶきのあがっているいい波が。持参した水着に着替える者、ボディボードのレンタルへ走る者。さすがになでしこ女子学生諸君はアグレッシブにウィンドウショッピングへと浜辺を後にしたのでありました。
 
  
 
私もここぞとばかりに昔やっていたボディボードをレンタル。「いやぁ、さすがにゴールドコーストの波はちがう!ハワイのノースショア以来だよ、ははは。」と、一緒に波に乗った学生たちと喜びをかみしめたのでした。
 
そして、なんと帰りには途中通りがかった公園で野生のカンガルーに遭遇。学生諸君はもうすっかり見慣れていて感動も薄いようで、まだ見たことのない私だけが子どものようにはしゃいでおりました。でも、それくらいすっかりオーストラリアに慣れたってことで、「帰りたくな~い!」の言葉があちこちから聞こえていました。
 

 
本研修を終えるにあたって、お世話になった数多くの皆様にまずは感謝を捧げたいと思います。本学学生と一緒に参加してくれた三重大学の学生さん達から、また途中自主的にオブザーブで参加して下さった同大の先生方からも、今回の研修については本当に高い評価をいただきました。本環境情報学部の学生たちからも、一様に本当に来てよかったという感想が聞かれます。今後はこの内容をより工夫することで、さらなる教育効果を高める研修へと発展させていく所存でおります。環境について多くを学べるだけでなく、ホームステイによる一般家庭を体験したり、オーストラリアの名門大学での英語の授業で語学力を伸ばしたり、オーストラリアの異文化に触れ、歴史に触れることのできる本研修へ、将来皆さんもぜひ参加してみませんか。



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の9日目を迎えました。引率している山本教授からの報告です。
 
今日も午前中は英語のレッスンで始まりました。Platypusってなんだかわかりますか? 18世紀末に発見され、標本を見たイギリスの学者が模造品だとして信じなかったオーストラリア固有の動物カモノハシのことです。授業では前半はこのようなオーストラリアの動物について、そして後半は間もなくお別れがやってくるホストファミリーへの手紙を想定して、誰かと別れるときの感謝の気持ちの伝え方を学びました。二週間お世話になった気持ちを“英語で”十二分に伝えてほしいと思います。
 

 
午後はダウンタウンにあるクイーンズランド博物館の見学。ちょうど正門を通りかかったので、まだ撮っていなかった大学正門前での集合写真を一枚。バッチリです。
 

  
今日の移動はバスではなくCITYCATという船を利用。これがまたカッコイイ。ブリスベンの街をS字にうねっている川を上流へさかのぼると、通称CITYと呼ばれるダウンタウンが見えてきます。橋をくぐりながら博物館のあるサウスバンクを目指します。研修中はずっといい天気に恵まれました。まだ一度も雨が降っていません。
 
   
 
そして、いよいよクイーンズランド博物館に到着。ここはイギリスの伝統を踏襲してか、入場料は無料です。3つのフロアから成り、すべてでオーストラリア、特にこのクイーンズランド州にちなんだ展示物が陳列されています。なかでもまず目を引くのは恐竜の化石。ラプトルがひっきりなしに走り回る映像が壁に映し出される横で、巨大なアウストラロベネターウィントネンシスが睨みをきかせている姿は迫力満点です。他にも午前中に英語で勉強したばかりのオーストラリア固有の動物や魚が数多く展示され、体長25センチはあろうかというナナフシのような昆虫や巨大ゴキブリなどが生きたまま飾られていたのは驚きでした。標本だと思って近づいて急に虫が動くのを見てぎょっとしている学生諸君の姿は見ていて笑えました。
 

 
Time flies! いよいよ明日は修了式。学生諸君はみんなよく頑張ったので、終了式後はご褒美のゴールドコーストへの日帰りツアーです。みんな、楽しんで!



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の8日目を迎えました。引率している山本教授からの報告です。
 
きょうも午前中は英語の授業。今日からはジョン先生、とっても教え方が上手な先生です。テーマは「ショッピング」。ちょうどこの季節こちらは新学期が始まる季節で、キャンパスのあちこちにTシャツやバスカードなどの各種出店が立ち並んでいます。学生たちはブリスベン滞在中にした買い物の内容について互いに英語で質問し合いました。内容が内容だけに会話はとても盛り上がりを見せていました。
 

 
午後からは二つの大学の所有する施設・設備で野外研修。まずは鉱物資源の調査研究所(旧鉱山跡)で、担当者のデイビッドさんによれば学内用の研究に使うだけでなく外部からの委託を受けての鉱物資源調査もしているとのこと。かつて堀ったときに破壊された自然をもとに戻す作業を専門担当者を置いて地道に行っているという点はまさに今回の研修にぴったりな内容です。外来種の草花を根絶やしにしてオーストラリア原種の草に植え替えるという気の遠くなるような作業をされています。これは先週の土曜日に学生たちが郊外でボランティアした苗木を植える作業と同じコンセプト。「豪州の森を取りもどす!」これがコンセプトなのです。
 

 
続いて訪問した大学施設の屋上のソーラーパネル設備を案内してくれたのは中国出身でここの職員をしているハリソンさん。彼の解説によれば、ここでは大学使用電力の20%をまかなっているとのこと。数年前にソフトボール大の雹(ひょう)が振り、ハリソンさんの上司の車は廃車になったのに、数万枚あるパネルのうちダメになったのはわずか10枚程度だったという話は驚愕でした。学生からは次々と質問が飛び出し、中にはまたまたクリーンヒットなものまであって、研修は益々絶好調な盛り上がりを見せています。
 



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の7日目を迎えました。引率している山本教授からの報告です。
 
午前中は昨日に引き続き、メリカ先生による英語の授業。昨日とは違って今日は教室を飛び出してのキャンパスでの実地のレッスンで、二人一組のペアを組んで出会った人々に様々な質問をしては答えを書きとめるというもの。知らない人に勇気を出して話しかける学生の姿が印象的でした。日本食を含めた世界中の料理を出す店が軒を連ねるキャンパスで各自思い思いに昼食を楽しんだのち、午後は「炭素取引」についての講義。講師はベリンダ・ウェイドさん。気候変動による悪影響に対処するためには何らかのアクションが必要であり、現に例えばオーストラリア人の78%、米国は79%、日本は68%が必要だと思っている(日本人は意識が低い?)。では、どうすべきか。気候変動に直結する大気は世界が共有するものであるため世界が一致団結してアクションを起こす必要があるが、そのなかで二酸化炭素の排出量を下げることが急務。それを経済取引のスキームにあてはめたものが炭素取引であり、その仕組みの説明をベリンダさんが詳しく説明して下さいました。通訳を通してもかなり複雑な内容であったため学生たちにはちょっと難解だったかも知れませんが、最後にきわめて的を得た質問が学生から飛び出したのには正直驚きました。さすが、環境情報学部専攻!
 

相変わらず陽気で楽しい英語の授業
この後学生たちはキャンパスヘGO


炭素取引の講義、ちょっと難解だったかも



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の6日目を迎えました。引率している山本教授からの報告です。
 
先発引率の井岡教授に代わり、本日より後半を私・山本伸が引き継ぎました。昨日日曜は学生たちは思い思いに休みを楽しんだようで、ブリスベン郊外のLone Pine Koala Sanctuaryでコアラやカンガルーなどオーストラリアならではの動物と触れ合った人も多かったとか。さて、今日から第二週目。午前中はTowards Zero Waste Education Centreの見学および講義、そして午後は英語のレッスン。午前中に訪れたセンターは埋め立てゴミ処理場の中にあり、埋め立ての行程等について詳しく解説を受けましたが、この埋め立て場も間もなく満杯になるとのこと。ごみを減らすには、まずは余計な包装のある商品は「避ける」、次に購入そのものを「減らす」、そして「再利用」し、「再資源化」し、最後に「捨てる」という順での個人の取り組みの重要性も強調されていました。午後の英語レッスンではメリカ先生のユニークなアプローチで学生たちもあっという間に打ち解け、オーストラリアの食文化をテーマにしたQ&A等、四苦八苦しながらも英語によるコミュニケーションを楽しんでいました。
 

Towards Zero Waste Education Centreで


クライティさんによる実に明解な解説


メリカ先生によるユニークな英語授業

 



2017年2月16日(木)と17日(金)の午前中に武本教授と高橋元教授、ゼミ生が十四川、ならびに海蔵川の本支流と上流の竹谷川・大口川を調査しました。この調査は学内のセミナー調査研究の一環として行われています。
  
富田地区の十四川は5年ほど前から十四川を守る会と共同で調査しています。今回は冬から早春の導水期で、朝明川からの流入水があり、流量は多めでした。海蔵川は4年前から下流と中流で継続調査しており、一昨年度調査依頼があった上流側も追加して行われています。
  
海蔵川上流の大口川(菰野町)にある養豚場や竹谷川上流の県地区の養豚場からの排水が水系の汚染を起こしていることから、県地区市民センターの矢田館長や竹谷川の蛍と桜を守る会と共同で調査実施中です。県地区では、高濃度の畜産排水有機汚濁のため、蛍が減少したり、稲作の稲が被害を受けたりしており、対策が急がれています。
 

十四川下流:豊栄橋での採水


近鉄富田駅そばでの調査風景


十四川中流:茂福の北鵤町ゴミ置き場下(流量あり)


中流部のスーパーサンシすぐ下流で


県地区市民センターでの打ち合わせ(奥が矢田館長)


竹谷川の一支流で上流の養豚場から排水調査


県地区の守る会の皆さんと海蔵川上流の大口川へ



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の5日目を迎えました。引率している井岡教授からの報告です。
 
本日は、土曜日で、午後からの研修でした。Victoria Plant のボランティア団体Helen Street Bush Care Group とともに、ユーカリの木などが生えている林の下草(Bush)の植樹を体験しました。林の下草を整備しないと、鳥やコアラなどの野生の生物が戻ってくるそうです。一度下草が刈られた状態のところに、改めて、植樹をします。地元のボランティア団体の指導を受け、植樹に挑戦しました。前回のオーストラリア研修でも植樹をしており、それは、結構な高さまで育ち、環境を回復させるのに役立っていると、UQのSheryl Blanchardさんは語っていました。ちなみに、彼女は、昔のトヨタセリカのスポーツタイプで、現地まで来ていました。最終的には、400本の植樹を完成しました。
 

指導をしてくださったBoydさん


「ここほれわんわん」をしてくれるマリー


植樹をします


植樹風景


山本先生も植樹に参加


終わったあとは、地元の人とティータイム


地元のボランティアと記念撮影、マリーも写っています



オーストラリア語学/環境研修の一行がクイーンズランド大学での研修の4日目を迎えました。引率している井岡教授からの報告です。
 
今日はフィールドトリップです。ブリスベンからフェリーに乗って、ストラドブローク島に渡ります。
 

フェリー上での記念撮影


 
ノースストラドブローク島のGoompiで先住民族アボリジニの子孫であるマットさんから話を聞きました。アボリジニとは、ラテン語でオリジナルという意味だそうです。ということは、植民した白人がつけた名で、先住民族が自ら名乗ったものではない。また、先住民族は、たくさんの部族に分かれていたそうで、その使う言葉も、道具も違っていたらしい。基本的に、木や貝殻、石などを加工して、道具や楽器を作り上げていたとのこと。マットさんが最初に、大型の縦笛(日本でいうところの尺八の抑える穴がないものを大型化したものと考えれば良い。下の写真をご覧下さい)を演奏してくれました。カンガルーや鳥やその他の動物をイメージして、演奏を変えるようです。唇と息だけで、リズム、強弱、高低を変化させる奏法で、右手でその動物の動きも表現するものです。演奏は素晴らしいものでした。演奏は、録画してあるので、何らかの方法で公開します。
 
アボリジニ達は、白人が入ってきて、虐げられた生活(一箇所に集められ、話す言葉も制限されたと説明されました)を余儀なくされました。その後、アボリジニの権限は徐々に回復しましたが、現在でもなお、法律できちんと保護されているわけではないと説明されていました。
 

アボリジニの楽器や道具


アボリジニの槍


アボリジニの習慣や歴史を説明してくれたマットさん


マットさんの説明を聞く


アボリジニの写真


 
アボリジニは採集生活を送っており、季節によって、動物の採集、木々の果物、海の魚などを食していたそうです。生活の周りにある木々の葉は主に薬の役割をするもの、料理に供されるもの、食べ物を包んで保存するためのものなど、自然と一体化した生活であるとの印象でした。海岸沿いに古くからある貝塚も見せていただきました。
 
やり投げの実演も見せていただきました。紐を付け加えて、160mも飛ばすのだそうです。また、みんなでブーメランを飛ばす体験もしました。案外、うまく、自分の投げた地点まで回転しながら戻ってくるのが驚きです。このように、アボリジニの人たちは、何万年の間、自然とともに生きてきたことが伺えます。
 
次は、Point Lookout での海岸線の美しさと野生動物について、お伝えします。Point Lookout は起伏(断崖絶壁)に富んだ海岸線が続き、風光明媚です。サーフィンをやっている人たちがいました。日本と違って、広い海岸線に、数えても、10名程度のサーファーしかいません。こんなところで、サーフィンをやっていたら、飽きないだろうなと、サーフィンをやったこともない私が思いました。
 

Point Lookout での記念撮影


サーフィンにもってこいの海岸線


 
また、海面近くには、ウミガメの姿が見受けられました。さらに沖合には、イルカのグループ(目視では最低3匹)の姿も見えました。
 

ウミガメ(海の中で黒くなっている部分)


 
陸上では、子供を袋の中に入れたワラビー、カンガルーの親子を見つけました。人間を見ても、逃げ出さずに、悠然と草を食べていました。政府によって、保護されていることがわかります。以上、自然の中にいるオーストラリアならではの動物に出会ったことになります。
 

野生のカンガルーの親子


 
次は、Brown Lake です。湖です。島の中央部に位置して淡水の湖です。水温がかなり高く、素足で入っていける状態です。透明できれいのだけれど、少し赤みがかかっています。周辺の落ち葉からのタンニンだそうです。
 

Brown Lake 水がきれいです。


足の生えたオタマジャクシ


湖で泳ぐ学生(水深は浅いです)



受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:395143
現在の訪問者数:0