四日市大学環境情報学部



交流ブログ

8月9日(火)に四日市大学環境情報学部の環境専攻(※)がサマースクールを行いました。タイトルは「川の汚れの正体を探ろう!」で、大八木講師とゼミ生2名が担当しました。参加者は自然環境全般に日頃から関心のある生徒さんたちで、積極的な姿勢で取り組みました。
(※)平成29年度カリキュラムから自然環境分野に変更予定。

ガイダンス後、猛暑の中、野外実習でビオトープの採水・計測を行い、午後からは観察実習として、第2実験・実習室にて実体顕微鏡・電子顕微鏡を使って試料の観察・スケッチを行いました。試料は濁度指標のカオリン、有機物の汚れとしての砂糖、イオン性の無機的な汚れとしての食塩の3種としました。その後、実験棟での計測実習として電気伝導度、濁度、CODの測定を行いました。得られた数値がどのような意味を持つのか、自然界ではどのような物質の動きが推定されるのかなど解説を行いました。終了後には井岡学部長から受講証明書が授与されました。

生徒の皆さんの感想は、「見た目の汚れだけではなく、透明だった砂糖のCOD値が高くて驚いた。さらに深く知りたくなった」「電子顕微鏡を使うことができて、とても面白かった」「科学的なものの見方を知って、科学が好きになった」などで、短時間の実習でしたが、良い経験になってくれたようです。

【野外実習】採水・データ記録の様子

 

【計測実習】COD滴定の様子



2016年8月9日(火)に環境情報学部メディアコミュニケーション専攻(※)のサマースクールを開催しました。今年のサマースクールはバンドのプロモーションビデオを高校生が制作するというイベントでした。実際に学生バンドの演奏を映像と音と光で演出し作品に仕上げるという内容で、参加した高校生は映像、音響、照明の3チームに分かれ、大学生と担当教員に手ほどきをうけながら制作にとりかかりました。
(※)平成29年度カリキュラムからメディア情報分野に名称を変更予定。
 
映像チームは構成(カット割り)を考え、撮影とスイッチャー操作を、音響チームは生バンドの音の調整と加工を、照明チームはライティングデザインから本番のオペレーションまでを行いました。
 
皆、最初は緊張した面持ちでしたが、作業が進むにつれ「ドキドキ」「ワクワク」の2つの感情を楽しみながら真剣な表情へと変わっていきました。制作現場の醍醐味であるチームプレーの中で、それぞれがベストを尽くすという体験をした高校生からは、「貴重な体験ができた」「満足できた」「楽しかった」という声を沢山もらいました。
 
できあがった作品の完成度が高く驚かされました。高校生だけではなく、大学生も逆に刺激を受ける面もあり意義深いイベントとなりました。
 
 
 



 2016年8月9日に廣住講師と学生で栽培実験中のトルコギキョウを収穫しました。収穫したトルコギキョウは地上部と根を切り分けたあと、実験実習棟で、花と蕾の数、節数、草丈、地上部の重さ、根の量などを測定しました。
 

花と蕾の数・節数を測定


根の量を測定


草丈を測定


今回測定したトルコギキョウ



平成28年8月3日から5日にかけて、恒例となった伊勢湾海洋調査実習を行いました。この実習は三重大学の勢水丸をお借りして単独航海として実施しているもので、今年度で7回目となりました。今回は環境情報学部の1年生が中心の20名で構成し、廣住講師と千葉教授が引率し指導にあたりました。天候に恵まれ波は穏やかで雨も降らず、学生たちは船酔いも無く元気に2泊3日の実習を経験しました。
 
今回の航路は太平洋には出ず、伊勢湾と三河湾を巡るものでした。四日市付近の巨大船舶群、伊勢湾口や三河湾口の美しい島嶼群などを見ながらの観測実習は、日頃の教室の講義とは全く異なり、学生たちには新鮮なものでした。また、船内の清掃と配膳と皿洗いなど、実習船ならではの仕事も学生には貴重な経験になったと思われます。
 
伊勢湾の泥の採取、水質の調査、プランクトンネットを用いたマイクロプラスチックの採取、海底生物(ベントス)の採取など盛り沢山の調査を行い、海洋調査が始めての学生には、ついてゆくのが大変だったようです。 ベントス調査では、ハモ、赤舌平目、メイタガレイなどが採れ、学生たちは大喜びでした。赤舌平目、メイタガレイは、学生が調理して、皆で食べました。 恒例の夜釣りでは、子サバやアジが釣れましたが、伊勢湾内だったため、例年のような入れ食い状態にはならず、学生たちは少し残念そうでした。
 
閉校式では、前川船長様から「この経験がきっと将来役に立つことがある。役立てなさい。」との言葉をいただき、勢水丸前で記念撮影を行い、実習を終了しました。 学生へのご指導と、多数の調査に熱心にご協力いただいた勢水丸の船員の皆様に深く感謝申し上げます。大変お世話になり、ありがとうございました。
 

高橋元教授の指導の元、採取した海水をペットボトルに移す学生の様子


廣住先生の指導の元、透明度や水色を測定する学生たち


多項目水質計を海に降ろして調査する学生たち


巨大コンテナ船の前で記念撮影


伊勢湾を漂うマイクロプラスチックの採取調査


海底から採取した泥をポリ瓶に詰める学生


伊勢湾口付近で採取された海底生物。学生たちは大喜びだった。


眠たい目をこすりながら、夜の勉強会にも取り組んだ


閉校式の後で、勢水丸の前で記念撮影



廣住講師と学生が栽培実験をしているトルコギキョウに花が咲きました。トルコギキョウはリンドウ科の花で、花の色や形がたくさんあり、花もちも良い人気の花です。現在行っている栽培実験では、種を蒔く時期を変えて、生育や開花時期がどのように変わるか調べています。もうしばらくすると、ハウスの中がトルコギキョウで満開になりそうです。

 



平成28年7月15日(金)に、環境情報学部の武本ゼミと千葉ゼミが松阪市にある辻製油(株)の関連施設を見学しました。辻製油は菜種・コーン・大豆などの天然素材から油分を抽出し食用油として販売している他、それらから発酵製品、機能性食品、香料などを製造しています。今回の目的は、それらの製品作りに関わる全体システムを見学することにありました。
 
システムは、木質バイオマスを用いたボイラー、その蒸気熱を利用した天然油関連の製造施設、さらに、温度の低下した温水を用いたハウス栽培施設から成り立っていました。以前は、エネルギー源として灯油や重油などの化石燃料を用いていたが、現在は完全に木質バイオマスエネルギーに切り替えたとの説明を受けました。
 
辻保彦代表取締役会長から会社と設備の概要説明を受け、その後、各施設を見学する際には、ご担当の方々に丁寧な説明を受けました。未来志向の会社の姿に、学生たちは感銘を受けた様子でした。また、試食として出されたミニトマトの艶(つや)や、粒の大きさと味に、皆感動し、皿の上に盛られたトマトは、あっという間に無くなりました。見学後の辻会長との対話時間には、学生から「採用はしていますか」との質問も飛び出しました。
 
間伐材や廃材などの地域のエネルギー資源を有効利用するということで、地球温暖化対策になり、さらに農業分野にも進出し、地域に新しい産業や雇用を産み出す活動は、持続可能な地域を作る上で、大変役立つものと思われます。今回の見学を受け入れていただいた辻製油の皆様に深く感謝申し上げます。
 
なお、今回の訪問には、四日市大学環境技術研究所の高橋先生、四日市大学エネルギー環境教育研究会の戸田様、四日市大学自然環境教育研究会の長谷川様が参加されました。
 

辻製油の入り口で記念撮影。写真右端が辻会長。

会社概要の説明を聞く学生たち

木質チップ。これが約1日分(約80トン)とのこと。


木質チップのボイラー棟の前で。


天然油の抽出装置の前で。

房成のミニトマトを栽培するハウスの中で。



「四日市公害と環境未来館」が主催する「よっかいち川調査隊」に環境情報学部の教員と学生が協力しています。この活動は年に4回開催され、平成28年度は朝明川を対象とし、地元の小学生と保護者の方々が参加者です。7月3日(日)には「上流を探検しよう!」というテーマで、朝明川の最下流部の出来山井堰を見学後、川を観察しながらバスで遡り、上流部の朝明渓谷で生物採取を行い、さらに上流に歩いて植樹の森を見学し、その後、保々地区センターで、調査結果のまとめを行いました。
 
この活動に環境情報学部の学生がボランティアとして加わっており、7月3日は、1年生の伊藤裕香さん、高橋俊弘君、平野智也君が参加しました。3グループのサブリーダーとして、彼らは活躍しました。また、環境情報学部の千葉賢教授が、川の講師として参加しました。
 
朝明渓谷では、カジカガエル、サワガニ、タカハヤなどを採取でき、珍しい生き物たちに、子供たちは大喜びでした。採取した生き物は、スケッチを行った後に、全て川に戻しました。
 

出来山井堰付近でバスを降りる参加者の皆さん


朝明渓谷での生物採取を前に、リーダーから説明を受けた。


採取した生き物を覗き込む子供たち


採取したタカハヤ


採取したカジカガエル


生き物をスケッチをしているところ。


スケッチを行っているところ。



2016年5月27日(金)に廣住講師と学生6名でトマトの苗を実験用の鉢に植え付け、トマトに対する竹粉肥料の効果を調べる栽培実験を始めました。
 
この栽培実験は、四日市大学 COC 事業内の1人1プロジェクト「四日市地域の竹林間伐材から製造した竹粉肥料施与効果の検証」(代表者:環境情報学部 廣住専任講師)で行われているものです。
 
四日市地域は豊富な竹林資源に恵まれています。しかし、適切に管理されていない竹林放棄の問題や、竹林整備時に発生する間伐材処理の問題など、さまざまな問題が発生しています。その一方で、竹を原料とした竹粉は優良な肥料となることも知られています。竹粉を有効に活用できれば、四日市地域の豊富な竹林資源を活かすことができます。
 
この研究プロジェクトでは、四日市地域の竹林で発生する間伐材の有効活用をめざし、竹林間伐材を加工した竹粉肥料がトマトの生育や品質に与える効果を栽培実験で調べています。
 


 


 





2016年6月4日(土)に武本ゼミ生と武本教授・高橋元教授らが、内部川上流部の鎌谷川の水質を調査しました。この活動は学内の調査研究の一環で、西山町自治会の皆様と共同で調査を実施しました。対象とする西山町と小山町には廃棄物の最終処分場や中間処理施設などがあり、これらの施設からの浸出水に加えて、田畑からの農業排水や生活排水が水系の汚染を引き起こしていると考えられています。数年前に本学に調査依頼があり、これまで継続的に調査を行ってきています。
 

鎌谷川最上流の少年自然の家付近での採水


鎌谷川中流部のアサヒソーラーからの排水を調査


鎌谷川中流部の処分場跡地での地下浸出水の調査


鎌谷川中流部の小山田温泉病院下流での採水



平成28年6月1日(水)に環境情報学部1年生54名が四日市市クリーンセンターを見学した。これは、環境情報学部の必修授業である環境情報学概論Ⅰの中で行われたもので、城之内教授、武本教授、高橋元教授が引率した。本施設は、四日市市の旧北部清掃工場に隣接して建設された市の最新鋭のごみ焼却施設で、今年4月に稼働し、運営は民間の四日市クリーンシステム(株)が担当している。
 
環境展示や施設案内は同社の社員数名が対応しており、研修室は180名と50名が入ることが出来る2室があり、今回は180名室でセンターの設備概要のDVDや展示を見学をさせていただいた。その後、ごみ処理工場内で、ゴミピット、中央制御室、溶融炉等を順次見学した。
 
本センターの特徴は、四日市市と周辺町村から分別せずに集めた生ごみとプラスチックごみを、最新のガス化溶融炉で焼却処理しているところにある。溶融炉3基で336トン/日のゴミを処理し、1時間毎に溶融スラグを出湯し、これを1日に24回繰り返している。処理後の溶融スラグは骨材や道路の路盤材などに、溶融メタルは建設重機のカウンターウエイトに、溶融飛灰からは再度金属を抽出して資源会社に販売している。埋め立ては溶融飛灰のみとなるため、大幅に減量化され、四日市市南部の最終処分場の延命化を図っているとのことであった。また、発電施設として9000kwの蒸気タービンがあり、4割を自家消費し、6割を売電していると伺った。
 
施設の内部はまったく悪臭がなく、スリッパに履き替えての構内見学で、学生や教員から、大変清潔であったと感想が聞かれました。地域のゴミ問題を考える上で、大変良い経験を学生たちは出来たようです。
 

研修室での受講風景


ゴミ投入口とピット


実物大のピットクレーンの展示


ピットクレーンを操作する係員


溶融炉の底部と操作卓


溶融スラグの出湯の状況


中央制御室とコンソール

 



Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:348400
現在の訪問者数:0