経済学部の街なか暮らしワークショップ

経済学部の岡良浩准教授や鶴田利恵准教授が中心となり、四日市の商店街の活性化について調査や検討を進めています。この度、3日間のワークショップを行い、名古屋大学と四日市大学の学生たちが活性化のための具体案を検討しました。その様子がビデオになっていますので、ご紹介します。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください