菰野町のひかり農園の訪問

菰野町の千草で、環境情報学部卒業生の内田潤さんがトマト農園を経営しています。名前は「ひかり農園」で、内田さんは農園の代表者です。
 
平成25年9月12日(木)に環境情報学部の大倉克己教授と千葉賢教授が農園を訪問し、内田さんと土壌の作り方等について相談しました。大倉教授は土壌環境の専門家です。
 
詳細はここでは明かせませんが、より健康でおいしいトマト作りを目指すため、いろいろ協力してゆこうということになりました。
 
当日は残暑で、ハウスの中は大変蒸し暑かったのですが、大倉教授と内田さんは熱心に土壌談義を続けていました。

トマト栽培のハウスの中で。


ハウスの中では2本に枝分かれした2500本のトマトが成長していた。


話し込む大倉教授(左)と内田潤さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください