野田之一氏による四日市公害経験の語りを神長准教授が聞く

平成26年4月12日(土)に本町プラザで、四日市再生「公害市民塾」主催による第5回「四日市公害を忘れないために」市民塾・土曜講座が開催され、四日市公害患者で公害訴訟の原告であった野田之一氏が当時の経験を語り、環境情報学部の神長唯准教授が聞き手を務めました。多くの市民が耳を傾けました。詳しくは次のサイトをご覧ください。
 
YOMIURI ONLINE
四日市再生「公害市民塾」のHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください