谷口/宮本君の陽光ビオファームの野菜販売

環境情報学部卒業生の谷口丈仁君と宮本竜太君が無農薬有機肥料栽培で健康な野菜作りに挑んでいる農業生産法人陽光ビオファームが、平成26年4月19日(土)に桑名市のスーパー(マックスバリュ)で店頭販売を行いました。スーパーの入口近くに地産地消商品のコーナーが設けられ、陽光ビオファームの野菜(ミズナ、リーフレタス、サニーレタス、サンチュ、ハネギ、ほうれん草、なばな、など)もそこに所狭しと並べられました。新鮮で安全な野菜が一束100円程度で買えるとあって、通りかかったお客さんたちは、次々に購入していました。谷口君は元気に店頭で販売し、宮本君は農場で収穫作業とのことでした。
 
陽光ビオファームの野菜は、マックスバリュ桑名の他、イオン大安店、いなべっこ(JAいなべ)、などでも常時販売されています。
 

野菜を持って笑顔の谷口君と丸山さん


陽光ビオファームの丸山社長(左)、ご主人(中)、谷口君(右)


新鮮な野菜たち


新鮮な野菜たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください