OB山口雄氏が〈日本音楽プロ録音賞〉最優秀賞を受賞

トマス・エジソンが蓄音機を発明した日にちなむ〈音の日〉12月6日(2017年)に、環境情報学部卒業生山口雄氏が、レコーディングの現場で活躍する録音エンジニアを表彰する〈日本音楽プロ録音賞〉最優秀賞を受賞した。山口氏は、同日に〈音の匠〉として顕彰された豊島政實名誉教授の音響セミナーでの教え子であり、卒業後ミキサーズ・ラボに入社して数多くの一流アーティストの作品制作に携わってきた。受賞作は、最先端のハイレゾリューション・オーディオシステムをチェックして調整する際に基準として用いる最高品質のテスト音源だ。
 
<補足説明>テスト音源には生演奏などが用いられますが、それを最高の環境で録音する必要があり、高い技術と経験が要求されます。
            
参考サイト:http://www.japrs.or.jp/pmr/pmr2017.htm
http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/12/07/63322.html
 
山口雄氏紹介:
https://www.facebook.com/yu.media.communication/photos/a.419545568069908.103543.407718512585947/461904233834041/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください