イネを栽培中の実験用カラムで中干しをしました(廣住)

 廣住准教授の研究室に所属する学生が、イネを栽培実験中のカラムで中干しの作業を行いました。

 この実験では、イネの生育にともなって水田土壌中の栄養分がどのように変化していくのか観察するため、塩ビパイプを加工して自作した実験用カラムにイネを植えて実際に栽培しています。

 イネが十分に大きくなったため、中干し(栽培期間の途中で水田から水を抜いて土壌を乾燥させること)を行いました。今回の実験では、2本の実験用カラムでそれぞれ水の抜き方を変えることで、水田土壌中の物質にどのような変化があらわれるのか観察します。

中干し(1)
中干し(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください