四日市大学環境情報学部



交流ブログ

2017年11月17日(金)に武本・千葉ゼミの学生ら15人が四日市港を見学しました。この行事は毎年、この時期に四日市港管理組合に依頼して実施しています。
はじめに、ポートビル対岸にある鈴木造船で2013年新造された同組合の調査船「ゆりかもめ」(19トンで最高速度26knot [約50km/時])に乗船し、四日市港内を約1時間半かけて、車やコンテナ輸送施設、石炭ヤード、工業塩貯蔵場、LNGタンクヤードなどの港湾施設を見学しました。
稲葉町にある明治時代に建設された「潮吹き堤」では港の歴史についての説明を受けました。また水質調査の実習として北原式採水器を用いた採水方法、透明度板による透明度(約3.5mでこの時期としては良好)の測定、さらに採泥器による海底のヘドロの採取などを体験しました。
表層部のCOD(化学的酸素要求量)値は3mg/Lでやや悪いものでした。
帰港してから、ポートビルの14階(うみてらす)で四日市港、コンビナート、市街地を眺めるとともに、映像による四日市港の歴史と現状を学びました。特に留学生達はこれまで四日市港や伊勢湾を訪れたことがなく、熱心に学習していました。
四日市港管理組合整備課の河村様には大変お世話になりました。感謝申し上げます。
 

四日市港管理組合調査船ゆりかもめ


 ゆりかもめの船内で高橋先生の説明を聞く


 後部甲板上で透明度測定の説明を受ける学生


四日市港内のCOD値は3mg/Lだった。


採泥器で採取した底泥ヘドロのビン詰め


稲葉町にある明治時代に建設された「潮吹き堤」


ゆりかもめの前で最後に集合写真



 2017年10月31日(火)に自然環境分野の廣住講師と学生3人が三重県立四日市農芸高等学校で出前授業を行いました。この出前授業では自然環境コース2年生の28人のみなさんを対象に土壌調査実習を行いました。

 当日は四日市農芸高校の敷地内の畑や竹林などのさまざまな場所を巡って土壌調査を行いました。四日市農芸高校のみなさんが生物調査を行った竹林の土壌を調べることもできました。この実習では環境情報学部環境専攻(自然環境分野)の3~4年生3人がアシスタントとして高校生のみなさんに土壌調査の方法を教えました。



四日市大学と四日市看護医療大学の合同大学祭(よんよん祭)が平成29年10月28日(土)29日(日)に行われました。昨年度の大学祭から、環境情報学部の卒業生が集まる拠点ブースの出店を始めましたが、今回も学食内に拠点が設けられ、卒業生たちが立ち寄ってくれました。
 
両日とも、あいにくの雨模様で、特に29日(日)は台風の影響で雨足が強く、参加するのは難しい状況でした。それでも、28日(土)の午後1時には、卒業生約10名と教員(元教授含む)7名が参加し、自己紹介や現況報告などを行いました。
 
参加してくれた卒業生の皆さん、ありがとうございました。
参加できなかった卒業生の皆さんへ。このような取り組みを続けてゆきますので、次回は時間を作って、是非、参加してください。 

この催しですが、28日は1期生の福留君、29日は同じく1期生の棚田さんが中心となって進めてくれました。お二人に感謝しています。

環境情報学部OBOG会の様子


環境情報学部OBOG会の様子



 2017年10月18日(水)に廣住講師と学生8名で三重県三重郡菰野町の水田で土壌調査を行いました。

 この調査は、四日市大学エネルギー環境教育研究会が「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2」として進めている地域循環型社会づくりと連携して行われたもので、2016年の春から2年間にわたって継続して実施しています。

 この調査では、竹林間伐材から製造した竹粉肥料を継続して使用することによる農地土壌の変化を調べています。



 2017年9月25日(月)に愛知県弥富市の愛知県立海翔高等学校で高大連携講座を実施しました。この講座は自然環境分野の廣住講師が担当しました。

 当日は環境防災コース1年生のみなさんを対象に土壌調査の方法や調査結果の活用法について講義と実習を行いました。実習では普段勉強している学校内をまわって実際に土に触りながら土壌調査を体験してもらいました。実習の際には、廣住講師の担当するセミナーに所属する学生3名も高校生に対して方法を教えるなど、四日市大学の学生にとっても有意義な時間になりました。




 2017年8月10日(木)に廣住講師と学生で、実験用ビニルハウスで栽培していたトルコギキョウの収穫しました。収穫したトルコギキョウは、花の数や重さ、草丈や節の数などを測定し、肥料の割合や水やりの頻度で生育や切り花の性質にどのような違いが出るか調べました。測定が終わったトルコギキョウは花瓶に活けて、大学の玄関前に飾りました。



 2017年7月25日(火)に廣住講師と学生が、実験ほ場で栽培実験用に育てていたダイズを収穫し、実験データの計測を行いました。この日はダイズの実の部分・地上部・地下部を切り分けて、それぞれの重さなどを測定しました。



 2017年7月18日(火)の5限目に211教室で、環境専攻(自然環境分野)の卒業研究中間発表会を開催しました。この中間発表会では4年生11名が現在自分たちが進めている卒業研究の進捗状況と今後の計画を発表しました。会場の教員や学生からの質問も相次ぎ、有意義な発表会になりました。

中間発表会

中間発表会



2017年8月23日(水)午前中の真夏の暑い中、武本教授と高橋元教授、ゼミ生が十四川を調査しました。この調査は学内のセミナー調査研究の一環として行われています。
 
富田地区の十四川は5年ほど前から十四川を守る会と共同で調査しています。今回は夏の導水期で、北鵤町で朝明川からの流入水があり、流量はやや多めでした。
 
中流部のスーパーサンシ付近では、家庭排水や田畑からの流出水があり、有機汚濁が認められ、COD(化学的酸素要求量)値は高めでした。
 
富田地区では、十四川を守る会が水質浄化を図る活動を長年に亘って行っています。
 

十四川下流:豊栄橋での採水風景


十四川中流部の茂福の北鵤町ゴミ置き場下


上流部の東ソー倉庫近くの十四川の調査



受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:386178
現在の訪問者数:0