四日市大学環境情報学部



交流ブログ

四日市市楠町にある吉崎海岸は、伊勢湾北部に存在する非常に貴重な自然海岸です。四日市ウミガメ保存会が毎月海岸清掃を行っており、数年前にはアカウミガメの産卵もありました。この砂浜のマイクロプラスチックの分布調査を千葉教授のセミナーで実施することになり、2018年4月9日に学生3名と教授が事前調査を行いました。マイクロプラスチックとは大きさが5mm以下のプラスチックのことで、生物が誤飲することで、生態系に悪影響を及ぼしていると考えられています。約300mの長さの砂浜の数か所でマイクロプラスチックを探しましたが、プラスチックはどこにでもあるわけではなく、海浜の上部(高潮線よりも陸側)に偏在すること、また場所によってレジンペレットが多かったり、徐放性肥料カプセルが多かったりなどの違いがあることなどが分かりました。吉崎海岸は最近、三重県が砂を入れたために海浜がかなり広くなりました。明確ではありませんが、今回、マイクロプラスチックが多く見つかった場所は、陸側の古い海浜部分である可能性もあります。これから、調査を重ねて、詳細なデータを収集する予定です。
 

ふるいを使ってマイクロプラスチックを探す学生


採取したマイクロプラスチック。レジンペレット、徐放性肥料カプセル、硬質プラスチック片などが見える。


 

 

浜で見かけた海浜植物―コウボウムギ(イネ目カヤツリグサ科スゲ属)


浜で見かけた海浜植物―ハマエンドウ(マメ目マメ科レンリソウ属)


浜で見かけた海浜植物―ハマダイコン(アブラナ目アブラナ科ダイコン属)


浜で見かけた海浜植物―コマツヨイグサ(フトモモ目アカバナ科マツヨイグサ属)



2018年3月24日(土)に四日市みなとライオンズクラブ主催の題記ツアーが実施されました。この取り組みは同クラブの55周年記念行事として行われたもので、伊勢湾フェリーを一艘チャーターし、約100組の小学生と親子連れを招待し、船内で海や船の活動を体験させるというものです。今回は千葉教授のセミナーに協力依頼があり、2年生の浅井雄大君、清水剛志君、チョウトクイ君、平野智也君、藤崎蓮君の5名が「海の環境問題」について子供たちに話をするということになりました。
 
学生たちは初めての経験のため、最初は戸惑っていましたが、試験休み期間中に大学に集まり、パワーポイントを使った資料や、パネルやクイズを準備しました。3月24日の当日は、千葉教授が津市で行われた三重県環境講座を担当していたため不在で、学生たちだけでの参加となりました。学生情報局の池田一誠君が加わった6名が四日市の霞ふ頭に集合し、参加した親子連れと一緒に開会式に参加し、その後、船室で準備を行い、12時頃のお弁当時間を中心に、子供たち向けのプレゼンを行いました。沢山の子供たちがプレゼンを行う船室に集まり、熱心に話を聞いたり、学生が出題するクイズに答えていました。
 
船は午前10時に四日市港を出発して名古屋港周辺を周遊し、午後2時頃に四日市港に戻りました。学生たちには大変良い経験になったようです。四日市みなとライオンズクラブの皆様、大変お世話になりました。以下の写真は池田一誠君が撮影したものです。
 

参加者と一緒に開会式に臨む

伊勢丸に乗り込む学生たち

パソコンを使って説明する浅井君

おさかなクイズで子供たちを楽しませた

四日市大学学生情報局の記者・池田君のインタビューを受けるチョウ君

同じく、藤崎君

同じく、浅井君

同じく、平野君

最後に清水君

 



恒例となった新入生合宿を2018年4月2日から1泊2日で実施しました。合宿先は湯の山温泉の希望荘です。4月2日の午後2時過ぎに大学の9202教室に新入生全員と教員全員が集合し、ガイダンス後にまずは大学キャンパス散策(施設や教室を覚えるため)を実施し、その後、バスで湯の山に向かいました。
 
希望荘到着後、大広間で宿泊の心得などの説明があり、新入生はグループに分かれて、宿泊部屋に入りました。1時間ほどの休憩後、待ちに待った夕食です。量も品数も多い夕食に新入生たちは大満足。ご飯を何杯もお替りする人が沢山いました。夜は上級生スタッフ主催の懇親会が開かれ、新入生たちは、ジグゾーパズル、ジェンガ等々、いろいろなゲームに取り組み、大変盛り上がりました。その後の自由時間には、新しく出来た友人たちと一緒に名物の温泉に入り、疲れを癒しました。
 
2日目は午前7時に起床し、バイキング形式の朝食です。ここでも沢山の品数に大満足。でも、仲間とおじゃべりして夜更しをしたのか、起床が早かったのか、ボーとした学生が多かったようです。朝食後は休憩を挟んで履修指導が行われました。複雑なカリキュラムを理解しようと真剣に教員の説明に耳を傾ける新入生の様子が印象的でした。その後、多くの教員と上級生スタッフが巡回して、履修相談に乗り、その学生が希望する進路に合わせた科目の選択を指導しました。
 
午前11時には大学に向かうバスに乗り、正午前に大学に到着し、少し花びらが落ち始めた桜の前で記念撮影しました。新入生合宿の目的は履修指導と仲間つくりですが、どちらもうまくいったようです。新入生の皆さん、上級生スタッフの皆さん、大変お疲れさまでした。
 

学内での合宿ガイダンス


キャンパス散策中にESL(English Support Lounge)で説明を受ける


希望荘に到着し、合宿のスケジュールや宿泊の注意事項等の説明を受けた


若干、緊張気味の夕食の様子


品数と美味しさに大満足!


上級生スタッフによる懇親会が始まった


2日目朝の履修指導の様子。教員と上級生が巡回して、マンツーマンで指導した。


大学に戻り、桜の前で記念撮影



今年度も環境情報学部の関根辰夫准教授がiPhone用の「三岐バス時刻表」アプリを制作しました。使い方も簡易で便利なので、是非ご利用ください。なお、本アプリは関根先生がご自身用に作ったもので、利用の結果として生じる損害、ソフトのバグによる損害、将来的なサポートなどは保障されませんのでご注意ください。

☆「三岐バス時刻表」のインストールの仕方
 
この時刻表のデータベースファイルはFileMaker Goというアプリの上で動作します。FileMaker Goは2018年4月1日現在、FileMaker Go 15(iOS9.0以降に対応)とFileMaker Go16(iOS10.2以降に対応)があります。ご自分のiPhoneやiPadのOSに対応するものを以下の手順にしたがってインストールしてください。なお、Androidのスマホには対応していません。
 
1. AppStoreで英文字で”FileMaker Go”と検索してFileMaker Go 16またはFileMaker Go 15をダウンロードします。
 
2. 以下のリンクから「三岐バス時刻表」のデータベースファイルをiPhoneのSafariでダウンロードしてください。

http://eis-yokkaichi-u.jp/sekine/SangiBus.fmpur

 
3. 「その他…」というところをタップし、「FileMaker Goにコピー」を選択します。
 
詳しい使い方は「三岐バス時刻表」を立ち上げて、?マークのヘルプから参照できます。
 
〇利用上の注意
 
・ この時刻表のデータはなるべく正確を期していますが、100%情報が正しいかは保証されません。
・ この時刻表のシステムやデータを用いて、何らかの損害や障害が生じたとしても、一切の責任を負いません。
・ 今後、バス時刻表の改正があった場合は、出来る限り対応して、修正したデータベースファイルを準備しますが、こちらの都合で修正を打ち切ることがあります。
・ データベースファイルを修正した場合は、環境情報学部のホームページに情報を掲載します。



四日市大学環境情報学部では、環境問題、環境エネルギー問題、環境教育などに取り組む地域の専門家を講師とする公開授業を毎年行っています。平成30年度も多彩な講師をお招きして実施することになりました。大学2年生向けの講義ですが、一般市民向けに分かり易く解説しますので予備知識は不要です。ご希望の講義だけ聴講することが可能で、帰りに学食を楽しんで頂くことも出来ます。以下の要領で実施しますので、お誘い合わせの上、お気軽に、ご参加下さい。
 
講義日時:平成30年4月6日から7月20日までの金曜日。午前10時50分から90分間
講義教室:9号館1階9101教室(階段教室)
受講費用:無料、 事前登録:不要、 駐車場:無料
 
平成30年度 講義スケジュール

 
講義スケジュールのダウンロードはこちらからどうぞ。




答志島は鳥羽市にある離島の一つで、桃取町は答志島の西側に位置する漁業の町です。この地域にある奈佐の浜は伊勢湾のゴミが集中的に集まる場所として有名で、海岸清掃活動に教員や学生が参加する中で環境情報学部と繋がりが出来ました。伊勢湾のゴミが集中するということは、陸から海に入った栄養もこの付近に集まるため、答志島付近は伊勢湾の有数の豊かな漁場として知られています。
 
この度、鳥羽磯部漁協桃取支所の小浦嘉門理事のお世話なり、環境情報学部の男子学生3名(浅井君、岡田君、平野君)が滞在型漁業体験研修に参加しました。この取組みは桃取町が進める「桃取元気プロジェクト」の一環で、プロジェクトは6年前から実施され、アマモ場再生、婚活、漁業研修などが行われています。環境情報学部としても、これから社会に出る若者が地域問題を肌で感じることや、ほとんど知る機会のない漁業の実情を知ることは、大変役に立つと考えて、是非にとお願いしました。特に3名は自然環境専攻の学生なので、伊勢湾の環境問題と地域社会の関係を学ぶ機会にもなると考えました。
 
2018年3月8日(木)に答志島に渡り、10日(土)までの2泊3日で漁業を中心とした活動に取組みました。この期間は生憎の雨風模様で、時化ていたために海に出ることはできませんでしたが、8日はワカメの加工(葉と茎を分離する作業)、9日は乾燥ワカメの作成とカキ剥きのお手伝いをしました。漁業組合員ご一家の加工場にお邪魔して、世間話をしながらの仕事は新鮮で、楽しい体験となりました。
 
小浦理事には、学生の仕事を確保していただいたり、夕食の食材を準備していただいたり、魚貝類をふんだんに使った夕食の作り方をご指導いただいたりと、何から何までお世話になりました。一杯やりながらの夕食も大変楽しい時間となりました。
 
桃取町の皆様にも親切に接していただき、ありがたかったです。深く感謝申し上げます。
 

 

採れたてのワカメの葉と茎を分離する作業をまず体験


小浦理事の加工場では、乾燥ワカメの加工とメカブ取りを行った


強い風の吹く中で、ワカメの加工に取り組んだ


9日午後はカキ剥きに取り組んだ


めきめき上達した?


皆で食べて、作った食材のお品書き


夕食は頬っぺたが落ちるくらい美味い魚貝類のオンパレードだ。これはカキフライ。


小浦理事に準備していただいた立派なスズキ


魚のさばき方を教わった


お風呂をいただいた岩佐様のお宅では、揚げたてのオカキを食べた。


ムシカキも絶品だった。


続いてスズキのムニエル


絶品タコメシ


ハモのすり身団子スープ。あっさりして美味だった。


スズキのあら炊き(半分以上、食べた後ですみません)


皆で楽しく夕食を食べた


伊勢湾の環境問題を学ぶことも忘れない(ゴミが集積した奈佐の浜にて)



2018年2月16日(金)と20日(火)の午前中に武本教授と高橋元教授、ゼミ生らが十四川および海蔵川の本支流と上流の竹谷川・大口川を調査しました。この調査は学内のセミナー調査研究の一環として行われています。

富田地区の十四川は7年ほど前から十四川を守る会と共同で調査しています。今回は冬の導水期で、北鵤町で朝明川からの流入水があり、流量はやや多めでした。中流部のスーパーサンシ付近では、家庭排水や田畑からの流出水があり、有機汚濁が認められ、COD(化学的酸素要求量)値は高めでした。

海蔵川は5年前から下流と中流で継続調査しており、一昨年度調査依頼があった上流側も追加して行われています。海蔵川上流の大口川(菰野町)にある養豚場や竹谷川上流の県地区の養豚場からの排水が水系の汚染を起こしていることから、県地区市民センターの矢田館長や竹谷川の蛍と桜を守る会と共同で調査実施中です。

県地区では、高濃度の畜産排水有機汚濁のため、蛍が減少したり、稲作が被害を受け、対策が急がれます。夏には大風で稲が倒伏する被害がでており、かつ水田は富栄養の状態になっていて施肥がいらないそうです。ちなみに、窒素分を表すNO3(硝酸)やNH4(アンモニア)は高濃度でした。

十四川下流部:豊栄橋での採水風景

中流部の商業施設付近での採水(流量は少ない)

最上流部:東ソー倉庫近くの十四川での調査

県地区の守る会の皆さんと海蔵川上流の竹谷川の支流へ

海蔵川上流の大口川付近の水田地帯での採水



 廣住講師と学生がCOC事業の一環として行った温泉トマトの栽培実験が、亀山市広報誌「広報かめやま」や「群馬県温泉郷会誌」などの記事に取り上げられました。この温泉トマトの栽培実験に関する卒業研究は環境専攻(自然環境分野)の卒業研究発表会や「第4回わかもの学会」で最優秀賞を受賞しました。詳しくは、次のページをご覧ください。



 2018年2月26日(月)から28日(水)にかけて、トマトの栽培実験のための雨よけハウスを廣住講師と学生で実験ほ場に建てました。穴を掘って支柱を固定し、骨組みを完成させました。フィルムは後日改めて張る予定です。春にはトマトを植えて、温泉トマトの栽培実験を始めます。

雨よけハウス建設中(1)

雨よけハウス建設中(1)

雨よけハウス建設中(2)

雨よけハウス建設中(2)

雨よけハウス建設中(3)

雨よけハウス建設中(3)

雨よけハウス建設中(4)

雨よけハウス建設中(4)



受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:457017
現在の訪問者数:0