四日市大学環境情報学部



HOME ホーム
ここは、四日市大学環境情報学部のサイトです。 PIAZZAとはイタリア語で広場を意味します。 このサイトでは大学公式ページでは紹介しきれない環境情報学部の詳しい情報をお伝えするほか、訪れていただいた皆様と学部教員が語り合う広場を提供します。 各記事・投稿へのコメントをお願いします。学部教員も出来る範囲で応答します。また、環境情報学部のFacebookページもありますので、是非、ご訪問ください。
カバー写真紹介:環境情報学部の関連した6種類の活動の写真を掲載しています。①四日市大学自然環境教育研究会と環境情報学部教員有志と学生で進める鈴鹿山脈ブナ林毎木調査、②2012年夏のオーストラリア環境スクール、③よっかだいエコ活動、④四日市大学大気汚染研究会が進めるモンゴル大気汚染調査と環境啓発活動、⑤英虞湾環境研修、⑥伊勢湾海洋調査実習です。
 
Blog ブログ最新記事

昨年に続き、環境情報学部の関根辰夫准教授がiPhone用の「三岐バス時刻表」アプリを制作しました。使い方も簡易で便利なので、是非ご利用ください。なお、本アプリは関根先生がご自身用に作ったもので、利用の結果として生じる損害 [...]

続きを読む

平成29年4月19日(水)の環境情報学概論Ⅰで、恒例となった竹林保全の体験授業を実施した。四日市大学キャンパスの周囲の里山では、孟宗竹の拡大が著しく、その管理をボランティア組織であるPPK四日市(代表、植松正弘様)に依頼 [...]

続きを読む

2017年4月17日に朝渓谷駐車場で山開きと「ブナの森」の看板の除幕式が行われました。朝明渓谷源流部にブナ林が存在することは知られていましたが、その規模や樹齢分布などの詳細については不明であったため、2011年から3年間 [...]

続きを読む

 2017年4月16日(日)に廣住講師と学生4名で菰野町の竹粉施与試験田を調査しました。  この調査は、四日市大学エネルギー環境教育研究会が「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2」として進めている地域循環型社会づく [...]

続きを読む

 2017年4月12日(水)に開講された「基礎演習」で、四日市大学構内の土壌調査を実施しました。  基礎演習は新2年生を対象にした授業です。環境専攻(自然環境分野)の基礎演習では、これからのゼミや卒業研究で必要になるレポ [...]

続きを読む

いろいろな分野へのドローンの普及が目覚ましいですが、農業への適用も進められています。この度、京都大学東南アジア研究所の渡辺一生博士(環境情報学部1期生)との共同研究で、いなべ市周辺の農地のドローンによる調査を開始しました [...]

続きを読む

平成29年2月3日に、環境情報学部の武本・城之内ゼミを中心とした教員・学生16名と環境技術研究所研究員を加えた総勢21名が、学部のエネルギー環境教育の一環として、中部電力・浜岡原子力発電所を見学しました。   浜岡原子力 [...]

続きを読む

四日市大学環境情報学部では、環境問題、環境エネルギー問題、環境教育などに取り組む地域の専門家を講師とする公開授業を毎年行っています。平成29年度も多彩な講師をお招きして実施することになりました。大学2年生向けの講義ですが [...]

続きを読む

 2017年3月10日(金)に廣住講師と学生3名が四日市市内のサトイモ畑を訪問し、栽培現場の見学と農地の調査を行いました。  当日はサトイモ畑や堆肥の製造現場の見学のほか、お茶の栽培や利用に関する説明を受けました。またサ [...]

続きを読む

環境情報学部の教員有志は、総合地球環境学研究所の上級研究員である渡辺一生氏(環境情報学部1期生)とドローンを活用した地域研究を開始します。研究対象は、①いなべ市等の中山間部で深刻な問題となっている獣害(シカやイノシシによ [...]

続きを読む


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:330864
現在の訪問者数:1