中部の環境を考える会・シンポジウムで基調報告(千葉)

2019年7月6日に中部大学名古屋キャンパス6階大ホールで「中部の環境を考える会」の総会とシンポジウムが開催され、環境情報学部の千葉教授が「伊勢湾のプラスチック汚染」と題する基調報告を行いました。海洋プラスチック問題に関…

続きを読む

イネ栽培中の実験用カラムで中干し後の給水と採水を行いました(廣住)

カラム給水・採水(2)

 廣住准教授の研究室に所属する学生が、イネを栽培実験中のカラムで中干しの後に改めて湛水し、採水する作業を行いました。  この実験では、イネの生育にともなって水田土壌中の栄養分がどのように変化していくのか観察するため、塩ビ…

続きを読む

マイクロプラスチック流出量実験用模擬水田のイネ生育状況(廣住)

模擬水田(3)

 廣住准教授の研究室に所属する学生がマイクロプラスチック流出量を調べる実験を行うために実験ほ場に設置した模擬水田に定植したイネが順調に生育しています。  最近問題となっているマイクロプラスチックの問題では、プラスチック製…

続きを読む

オープンキャンパス開催 環境情報学部の模擬講義が盛況!!(山本)

黒田先生(耳なし芳一)

6月23日(日)にオープンキャンパスが行われました。環境情報学部の模擬講義には、動物生態系に18名、パソコン系に5名、スタジオ系に4名、合計27名の高校生が参加しました。スタジオ系では、プロの照明技術者でもある黒田特任助…

続きを読む