四日市市環境シンポジウムが開催されます(千葉賢)

平成24年8月26日(日)に四日市市勤労者・市民交流センター「四日市市環境シンポジウム」が開催されます。四日市大学関係者も次の企画で参加します。奮ってご参加ください。
 
1.講座「四日市市における未来への環境保全活動」10:00~12:00
矢口芳枝さん(四日市大学エネルギー環境教育研究会代表)が発表を行います。
 
2.パネルディスカッション「未来の四日市のために」14:00~15:15
小林慶太郎准教授(総合政策学部)が司会を務めます。
 
3.展示 9:30~15:30
(1)四日市大学自然環境教育研究会
テーマ:100年後につながるために
内容:生物多様性を目指す研究会の次の取り組みを紹介します。
①鈴鹿山系の「ブナ」を地球温暖化から救えないか
②絶滅危惧種「シデコブシ」を守るために
③特定外来生物「アレチウリ」から河川の生態系を守る戦い
 
(2)四日市大学エネルギー環境教育研究会(2ブース)
テーマ1:持続可能な社会づくり「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト」の取組み
テーマ2:持続可能な社会づくりは「環境教育の人づくり」
 
シンポジウム事務局のHPはこちらです。シンポジウムのチラシがダウンロードできます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください