大学キャンパスの自生フジが満開

里山に囲まれた四日市大学には、数多くのフジの木が自生しており、毎年4月から5月にかけて、一斉に開花し、春の景色を彩っています。
 
フジはマメ科のつる性の落葉木で、春に薄紫色の花を垂れ下げて咲き、夏季にさやに入った種子ができます。今年も満開となり、周辺に甘い匂いを漂わせています。調整池周辺に特に密集しており、今が一番美しいです。
 
休み時間などに訪れてみてはいかがでしょうか。
 

調整池の周りに咲くフジの花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください