四日市大学と地域を考える会(四懇)を実施

平成26年3月8日午後4時半より、四日市大学研究機構にて「四日市大学と地域を考える会(四懇)」を開催しました。この会議は研究機構長の新田義孝教授の主催で実施しているものです。今回は11名の地域の方々に参加いただき、四日市大学や地域を良くするための様々なアイデアについて議論がなされました。

地域の方々を大学を中心に繋げるために学食を利用する案や、アルツハイマー病を予防・克服するトレーニングをコミカレで実施する案や、四日市大学の地域研究の成果を平易な文章で地域に広報する案などについて話し合いました。さらにユニークで面白いアイデアもありましたが、ここでは公表を差し控えます。

参加者の皆様、大変お疲れ様でした。

四日市大学と地域を良くするための熱心な議論が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください