こども科学セミナー「ものづくりと環境のまち四日市」に参加

平成26年8月7日に四日市こども科学セミナーの催しである「ものづくりと環境のまち四日市」が四日市文化会館で行われました。抽選で選ばれた約440名の親子の皆さんが参加され、コンビナート企業等のブースで科学実験を体験しました。この催しは今年度で3回目になりますが、非常に多くのご家族に応募いただき、四日市市の夏の人気のイベントになりました。
 
四日市大学も第1回目から協力し、学生たちが案内役として参加しています。今年度も環境情報学部の6名の学生(シュレスタ・プラカシュ君、西岡大輝君、村井將泰君、加藤優実さん、伊藤和成君、丹羽亮太君)が参加しました。子供たちに囲まれて、楽しく仕事を行ったようです。
 
四日市こども科学セミナーには、4つの企画があり、7/26に四日市大学で「JAXAコズミックカレッジ in 四日市」が行われ、8/8には四日市港で「港とコンビナートのまち四日市」が、8/12には四日市文化会館で「四日市発!宇宙への旅」が開催される予定となっています。全ての企画に四日市大学の学生が参加します。
 

開場前の打ち合わせ。真剣な表情の学生たち。


受付が始まった。


主催者である四日市市教育委員会のご挨拶


子供たちをブースに案内する伊藤和成君(環境情報学部4年)


ブースに子供たちを案内し、見守る加藤優実さん(環境情報学部4年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください