四日市農芸高等学校で出張講座を実施

平成27年2月19日(木)に、環境情報学部の武本行正教授が四日市農芸高校で「大気の環境」という出張講座に行いました。聴講者は1年生80名で、4名の教諭にもご参加いただきました。講義の前半には環境エコクイズを行い、地球温暖化やエネルギー問題を生徒に答えてもらいました。講義の後半には、大気の組成や汚染物質の生成場所や健康被害について質問しました。ppmやμg/m3などの濃度の単位については、難しかったようです。具体例として、中国やモンゴルのPM2.5の大気汚染について現状を講義しました。

農芸高校での大気汚染の講義風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください