県・環境基礎講座の講師担当(千葉)

三重県環境学習情報センター主催の平成30年度環境基礎講座で千葉教授が講師を務めました。この講座は環境に関する8テーマ(環境問題全般、公害・大気、地球温暖化、新エネルギー、水、ゴミ、森林、ESD)について、環境学習の指導者を要請することを目的に実施しています。2018年6月30日にサンワーク津で行われた「水」をテーマとした講座は、三重県環境生活部大気水環境課の西村和也氏と千葉教授が担当し、それぞれ1時間の講義を行いました。西村氏は三重県の上下水道と河川と伊勢湾の水質について述べ、千葉教授は水の特性と伊勢湾の漂着ゴミや貧酸素水塊発生問題の関係について述べました。約20名の聴講者は熱心に講義に参加し、講義後の質疑では専門的な議論も行われました。なお、テーマ「公害・大気」(5/19)は総合政策学部の神長教授が担当しました。
 

講義を行う千葉教授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください