四日市と名古屋の高温日数(千葉)

今年の夏は特に暑く感じられたので、気象庁の「過去の気象データ検索」から四日市(日永)と名古屋(千草区)の1972年からの気温データを入手して、高温日数を調べてみました。
 
最高気温がある温度を超えた日数の年変化を調べた訳です。2018年の値は7/21までのものです。
これによると、四日市よりも名古屋の日数が長く、夏が厳しいこと、四日市は徐々に高温日数が増加しており、名古屋は1995年頃に高温日数が増加し、その後に顕著な増加は見られないことなどが分かります。
・・・とは言っても、今年の夏は厳しいことに変わりありません。今年の高温日数がどこまで伸びるのか、心配です。
皆さま、ご自愛ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください