吉崎海岸にて夜空のタイムラプス撮影(黒田)

先日、吉崎海岸にて夜空のタイムラプス撮影を行いました。吉崎海岸は四日市市で唯一砂浜が残る海岸です。石油化学コンビナートが間近に迫る立地ではありますが、貴重な生物が見られる場所です。

カメラは天の川の方向に向け、撮影を行いました。天の川は暗い環境が整っていないと見ることができません。今の時期、天の川の中心部は、深夜に姿を現し、夜明けと共に消えてゆきます。この日は1:00から撮影を開始し、約3時間シャッターを切り続けました。コンビナートの光があるので真っ暗とまではいきませんが、良好な光環境がありました。動画には天の川の姿を薄っすらとらえることができましたが、残念ながら肉眼では気配程度しかわかりませんでした。

撮影時間の気温は1℃と非常に寒く、約3時間の撮影は編集すると20秒程度にしかならない等、この時期のタイムラプス撮影は忍耐が必要です。実は、夜釣りの方々の灯りをひろいすぎてしまい、1回目の撮影はボツになってしまいました。この動画は1度目の撮影から数日後に生徒がリベンジしたものです。画面左手に見えるのが中部国際空港です。

これから秋にかけて天の川が見やすいシーズンになります。天の川を見られる場所は決して多くありませんが、時々夜空を見上げ、暗い環境を楽しんでみてはいかがですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください