四日市大学エネルギー環境教育研究会主催「未来へつなぐシンポジウム」が開催されました(千葉)

四日市大学エネルギー環境教育研究会主催の「未来へつなぐシンポジウム 未来へつなぐ活動 ~多様な分野で語る三重県から地域から~」が大学祭(よんよん祭、10/26~27)に合わせて27日(日)に8号館で開催されました。

三重県知事からのメッセージのご紹介、四日市市環境部長のご挨拶、日本たばこ産業からのご挨拶、岩崎学長の挨拶に続いて、環境省中部環境地方事務所の西田清紀様による基調講演があり、全国で始まっているSDGs関連の取り組みについて詳しいご紹介がありました。

その後、企業(中部電力)、地域(八郷地区)、団体(四日市みなとライオンズクラブ)、大学(四日市大学環境情報学部)からSDGs関連の活動紹介が行われました。

子供たち(東員町立神田小学校、イオン四日市尾平チアーズ)や障害を抱える方々(NPO法人風の家)の活動紹介もあり、元気一杯の発表に拍手喝采が起こりました。最後にはパネルディスカッションもあり、地域のSDGsの進め方について皆で考えました。

関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

環境省中部環境地方事務所の西田様による基調講演
東員町立神田小学校の子供たちの発表
イオン四日市尾平チアーズ の子供たちの発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください