学部農園でハヤト芋を収穫(千葉)

2019年11月6日(水)に環境情報学部農園でハヤト芋の収穫作業を行いました。学部農園と呼んでいますが、その実態は約30mのひと畝で、四日市大学エネルギー環境教育研究会の農業塾で使用している畑の一画をお借りしていたものです。志摩市安乗のキンコ芋工房・上田商店にハヤト芋(=キンコ芋)の苗を準備していただき、学部1年生全員で植えました。その芋を自然環境分野の学生約30名で収穫した訳です。

伊勢志摩で有名なハヤト芋ですが、四日市で育つのか少し不安でした。今回、学生たちと掘り起こしてみると、立派な芋が沢山育っていました。畑に入るので、汚れても良い服と靴で来るようにと学生たちに指示しましたが、真っ白い綺麗な靴や、ブーツで来た女子学生もいました。それでも構わず畑に入り、一所懸命に芋を掘り出す姿を見て、やはり自然が好きな学生が多いのだと実感しました。

自然環境分野で学ぶ学生たちに、自然体験をさせること、農業について学ぶことがこの授業の目的でした。今回の農作業では、学生達が芋を掘りながら、冗談を言い合ったり、互いに声を掛け合う姿が見られ、学生間の仲間意識を育てることにも役立ったように思います。

畑の土壌分析を土壌学が専門の廣住准教授にお願いし、収穫した芋の糖度やでんぷんの分析を実験系の授業で行う予定にしています。

芋と畑の管理に尽力下さった四日市大学エネルギー環境教育研究会の皆様にお礼申し上げます。

最高の快晴の青空の下で芋を掘り始めた。大きなスコップが少なく、手間はかかったが、学生達は黙々と作業を進めた。
楽しそうに芋を掘る学生たち。四日市大学エネルギー環境教育研究会の畑には立派なネギ(後方)が育っていた。
小さなスコップで慎重に芋を掘り進める学生。大きなハヤト芋が見えてきたぞ!
収穫後に皆で記念撮影。日本人、中国人、ネパール人、インドネシア人の混成チームだ。留学生たちも一生懸命に作業した。
収穫したハヤト芋の一部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください