今年もヤマモモが収穫時期を迎えました(千葉)

四日市大学の構内にはヤマモモの雌株が2本植えられていました。1本は情報センターと学食の間、もう1本は四日市看護医療大学の入り口前です。情報センターと学食の前の樹は大きくなり過ぎて、周辺が鬱蒼としたためか、伐採されてしまいました(残念)。残るは四日市看護医療大学前の小ぶりな樹(写真)だけです。

このヤマモモの雌株に今年も沢山の実が付き、赤く熟しました。かなりの実が既に石畳や芝生の上にこぼれています。去年はこの実を持ち帰りジャムを作りましたが、甘酸っぱくて大変美味しかったです。どなたか、試してみませんか。

なお、バス停の真裏にある大きな木はヤマモモの雄株です。この雄株の花粉が受粉したのでしょうね。

1件のコメント

  1. うちの近所にも街路樹として植えられています。毎年今ごろになると道にたくさん実が落ちています。今年も落ちていました。でも、この実って食べられるんですね。初めて知りました。ジャムにすると美味しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください