情報メディア専攻

現在、改訂中です。

環境情報学は環境学と情報学が融合した学問体系であり、情報学を利活用して環境問題の解決を図ることを目的としています。情報専攻ではこれを念頭に、一般的な情報学の知識や情報処理技術の習得を教育の基本に置き、応用分野としてセミナー等で環境情報の処理を経験するカリキュラムを用意しています。

情報を効果的に人々に伝えるためには表現や伝達方法が重要であり、ここにメディア学が関与します。

情報基礎科目

■ 資格

■ 進路

情報分野への就職状況は比較的良いため、学部や情報専攻から情報分野へ多くの学生が就職します。表は環境情報学部全体の平成13年から平成22年度までの情報専門企業への就職実績です。ひとつの企業に複数名が就職している場合もあります。業種としてはシステム開発・ソフトウエア開発が多数を占めます。

このような情報専門企業ではなく、一般企業で情報技術を生かして働いている卒業生も多数います。製造業に就職し、生産ラインを管理しながらプログラミングを行っている者もいます。そのような職場に対応できるように幅広い情報分野の知識や技術の習得をすることを情報専攻では奨励しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください