宮城県東松島市の秋祭り支援活動に参加

平成27年10月3日と4日に、四日市東日本大震災支援の会による「宮城県東松島市の秋祭り」の支援活動が行われ、環境情報学部の学生も参加しました。足浴とお茶会、津軽三味線の演奏、ねぶた運行時の交通整理、ハネトとしての参加、屋台の手伝いなどを行いましたが、その中で、音響ゼミの学生および音響志望の1年生は津軽三味線やゴスペルの演奏会の音響を担当しました。

10月3日は矢本運動公園にてゴスペルライブと三味線の演奏会が行われ、4日は三味線の演奏会が行われ、両日とも演奏会の終了後には青森から来たねぶたの運行も行われました。

行き帰りはバス泊での1泊3日という強行軍でしたが、少しでも集団移転された被災者の方々と心の交流ができたのではないかと思います。(記:環境情報学部 関根准教授)
 

ゴスペルのライブ


三味線の演奏会のPA作業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください