四日市大学環境情報学部



大学キャンパスのナラ枯れ調査の進捗状況(千葉教授)


2018年6月2日(土)に千葉教授のセミナーの藤崎蓮君、平野智也君が学内キャンパスのナラ枯れ調査を行いました。キャンパス全体でコナラが約300本あると予想していますが、この日の調査で205本まで到達しました。全体の約7割を終えたことになります。
 
今回の調査では、大径木の中に写真のような萌芽更新株が多数あることが分かり、過去に薪炭林として利用されてきたことを裏付けているように思われました。
 
最近の気温上昇で、雑木林の中の蚊が増え、蚊と戦いながらの調査になりましたが、あと数回の調査で終了できそうです。
 

蚊よけのネットを被って、奮闘する藤崎君と平野君


萌芽更新株


調査を終えたコナラの位置(青色マーカー)


コナラの分布図、色は胸高直径、白丸は枯死個体


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:486891
現在の訪問者数:0