大学キャンパスのナラ枯れ調査進捗(千葉)

2018年7月20日(金)午後のセミナーの時間に、4名の猛者の学生たちが、大学キャンパスのナラ枯れ調査を行いました。四日市市の気温は32℃を超えており、熱中症が心配されましたが、学生たちは協力し合って、慎重に作業を進めました。
 
これまでに調査したデータを加えて、調査済みのコナラの本数は270本に達し、ゴールが見えて来ました。残りは、テニスコートの北側からクラブハウスの裏側の森だけです。枯死していたコナラは45本で、枯死率は17%ですが、20cm以上の胸高直径の個体では枯死率は22%に上がることが分かりました。
 
大学キャンパス全体の調査が終えたら、大学に報告するとともに、大学の論集に結果を投稿する予定です。
 

調査したコナラの位置と胸高直径。赤星は枯死個体。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください