第11回いい川・いい川づくりワークショップで準グランプリ(千葉)

第11回いい川・いい川づくりワークショップin北海道十勝が12月1日(1次選考)と2日(2次選考と最終選考)に行われ、「22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会」の活動「豊かな海を取り戻すため、100年後の奈佐の浜の漂着ゴミゼロに!」が準グランプリに選出されました。この発表には四日市大学環境情報学部3年生の浅井雄大君と平野智也君がメンバーとして加わりました。
 
参加団体は36で、1次選考で20団体に、2次選考で9団体に絞られ、最終選考で準グランプリに輝きました。「22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会」の関係者の皆様、お疲れ様でした。この成果が地域に知られるようになり、それが海洋ゴミの削減に繋がることを祈っています。
 

準グランプリを獲得したチームのメンバー。盾をお持ちなのが「22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会」の小浦委員長、下段右から2人目が浅井君。上段右が平野君。他は岐阜県職員と岐阜大生の皆さんです。撮影者:近藤朗様


準グランプリの盾。撮影者:近藤朗様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください