地温制御実験の準備中(廣住)

 廣住准教授の研究室に所属する学生が、地温を制御したトルコギキョウの栽培実験のための予備実験をしています。

 花は光や温度の条件によって生育や開花が影響を受けるものが多くあります。トルコギキョウでも高温に反応してロゼット化(休眠状態になって成長がとまること)したり、花の色がにじんだりすることがあります。そこで、廣住准教授の研究室では地温変化とトルコギキョウの生育・開花の関係を調べるための栽培実験を行っています。

 この予備実験では、プランターに埋め込んだホースに水を流して、地温がどのように変化するか調べています。

地温制御実験の準備中(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください