環境デーなごや2019で海洋プラスチック問題を解説(千葉)

2019年9月14日(土)に名古屋の久屋大通で環境デーなごや2019が開催され、エンゼル広場のステージで「MAGIC☆PRINCEと学ぼう!生物多様性とプラスチックゴミ」が行われました。 マジプリ(MAGIC☆PRINCE)は男性5名のご当地アイドルグループで Mは三重、Aは愛知、Gは岐阜を意味します。

マジプリの平野泰新さん、永田薫さん、なごや生物多様性センターの高尾知基主幹、環境情報学部の千葉とMCさんの5名で、トークショー形式で環境問題について話し合いました。高尾主幹からは生物多様性の問題を、千葉からは海洋プラスチックの問題の話題が提供されました。ステージの前にはマジプリの女性ファンを中心に100名弱の方々が集まり、大変賑やかでした。

MCさんの軽快な司会と、ボケとツッコミを加えたマジプリのお二人の絶妙なトークで、やや固い環境問題の話題を、楽しく会場に伝えられたようです。ご来場いただいた皆様、大変ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください