尾張旭市の環境フォーラムで講演(千葉)

2019年10月6日(日)に尾張旭市の渋川福祉センターで第15回環境フォーラム(主催:地域環境活性化協議会)が開催され、環境情報学部の千葉が「マイクロプラスチックと海の現状」と題する約1時間の講演を行いました。フォーラムには地域の幼稚園の先生、大学生、愛知県や尾張旭市の行政の方々などにお集まりいただきました。

講演後には、主催者が準備した木製の「幸福の鳥」を絵の具で色付けして楽しみ、その後、全員で記念撮影を行いました。

愛知万博(2005年)後、地域環境活性化協議会が中心となり、本地域で環境活動を始め、矢田川の清掃活動や環境フォーラムを続けてきたとのことでした。矢田川は庄内川の支流で、河川敷は整備され、市民の憩いの場になっています。矢田川沿いを歩いてみましたが、ゴミは大変少なかったです。主催者の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

第15回環境フォーラムの様子(撮影:川野宏様)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください