冬のエコフェアを実施(大八木・廣住・千葉)

2019年12月21日(土)午後12時半から四日市大学の8101教室で「第3回冬のエコフェア2019(高校生の環境活動発表会)」を実施しました。三重県と愛知県から6団体が参加し、日頃、積み重ねてきた環境関連の活動について発表を行いました。参加者数は約80名でした。

練習を積んだ素晴らしい発表ばかりでした。参加団体、発表タイトル、授賞名を速報としてお知らせします。

①四日市中央工業高等学校理科部:池干し・外来種駆除活動報告
授賞名:環境保全賞

②四日市四郷高等学校~山の山場~:登山の魅力はどこにあるのか
授賞名: 環境科学賞

③津商業高等学校:環境問題:新しい時代に若者の生き方を考える~人口のドーナツ化から都心回帰,そして限界集落の再興~
授賞名: 発表技術賞

④四日市中央工業高等学校:小さな循環型社会と木工技術の伝承
授賞名: 循環型社会賞

⑤愛知県立南陽高等学校 Nanyo Company部:エシカル消費で未来が助カル!3つのエシカルpiece
授賞名: SDGs賞

⑥三重高等学校 秋の遠足実行委員会有志:大台町(旧宮川村地域)での学び
授賞名: ESD賞

詳細は「冬のエコフェアのページ」をご覧ください。

冬のエコフェアにご協力いただいた高校関係者の皆様、審査員の皆様、ご参加いただいた一般の方々に感謝申し上げます。

四日市中央工業高等学校理科部の発表
四日市四郷高等学校の発表
津商業高等学校の発表
四日市中央工業高等学校都市工学科の発表
愛知県立南陽高等学校 Nanyo Company部の発表
三重高等学校 秋の遠足実行委員会有志 の発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください