新入生が竹林整備を体験(牧田、千葉)

環境情報学部では、1年次配当の必修科目「環境情報学概論Ⅰ」で竹林整備の体験授業を取り入れています。大学の雑木林に入り、自然を感じながら、繁茂した孟宗竹を間伐するという授業です。長年に亘り、大学の竹林の整備を行っていただいているNPO法人PPK四日市(代表:植松正弘様)の皆様に、座学と実習の講師をご担当いただきました。

2021年4月21日(水)の3限目(13:00~14:30)に実習を行いました。気温が上がり、汗を搔きながらの作業となりましたが、皆、楽しそうに作業を行っていました。作業後にはタケノコを探して掘りました。今年の四日市大学の竹林は、タケノコの裏年にあたり、あまり見つかりませんでしたが、それでも、学生たちは数少ないタケノコと格闘し、綺麗に掘り出していました。リュックサックに入れて、お土産に持ち帰った学生もいました。

PPK四日市の皆様、授業の事前準備と、丁寧で心のこもった授業をありがとうございました。

学生達は班に分かれ、PPK四日市の皆様に竹林整備の方法を教えていただきながら作業を進めました。
真剣な眼差しで、ノコギリを使って竹を間伐する学生
切ったタケを、狙った方向に倒す作業。留学生も頑張った。
別の班で、タケを切る学生。ちょっと腰が引けているような。。。
切ったタケを裁断する作業。適当な長さに裁断してから野積みする。
女子も頑張った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください