廣住講師とゼミ生が伊勢竹鶏物語関連施設を見学

 2016年2月9日(火)に廣住講師とゼミ生が、四日市市内にある伊勢竹鶏物語関連施設を見学しました。

 これらは、四日市大学エネルギー環境教育研究会が「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2」として進めている地域循環型社会づくりで活用されているものです。
 
 このプロジェクトは、竹林保全の際に発生する竹の間伐材を資源として活用し、資源循環型の地域社会づくりを目指す試みです。
 
 今回は、竹を粉砕して肥料や土壌改良剤として使用できる竹粉を製造する施設と、その竹粉を活用して作物の栽培実験を行っている実験農場を見学しました。
 
 見学の後、今後の研究に関して四日市大学エネルギー環境教育研究会との打ち合わせが行われました。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください