夜空のタイムラプス撮影(黒田)

光害調査の一環として、ゼミ活動で四日市周辺の夜空を撮影し記録しています。写真を繋ぎ合わせたタイムラプス動画を作成していますが、撮影に凄く時間がかかります。1枚の写真を撮るのに15~20秒かかるので、1分間で3~4枚程度の写真しかとれません。そして、4~5時間連続で撮影を行い、1回の記録としますが、現場から帰った後も編集作業があり、忍耐力が必要です。撮影は通常、1~2名で行います。
 
下の2つの動画は天の川を撮影しました。光害レベルは7段階に分けて表します。衛星で捉えた地上の光の強さを段階分けしたもので、レベル1が光害汚染のない場所、レベル7が最も光害がある場所とされています。
 
四日市大学周辺はレベル7です。残念な事に四日市市にはレベル3以下の場所がなく、これは、四日市市では限られた場所でしか天の川を見る事ができないことを意味しています。仮に見える場合でも、色々な条件が揃わなければ観測することはできません。
 
天の川を観測し易い時期はあとわずかです。最近は、下を向いてスマートフォンを眺める機会が多いですが、たまには夜空を見上げるのも楽しいですよ。今回、ご紹介する動画には入っていませんが、水沢や四日市大学で撮影したものもYoutubeにアップしてあります。興味のある方はチャンネル登録を宜しくお願いします。

≪伊坂ダムの夜空のタイムラプス動画≫
光害レベル6の場所です。この日は新月でしたが、曇り空でしたので条件は悪かったです。当然ですが天の川は全く見えません。しかし、この周辺は1年に数回ですが条件が整えばみえる事があるようです。詳細は動画の説明欄をご覧ください。
 

≪スカイランドおおぼらの夜空のタイムラプス動画≫
光害レベル2の場所です。ここは津市です。半月の月がでていましたが、圧倒的な暗さです。詳細は動画の説明欄をご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください