日々の研究活動(8)Takebe Conference 2014 の Proceedings が刊行されました(小川束)

2014年に御茶ノ水女子大学で開催された建部賢弘生誕350年を記念した国際会議の Proceedings,Mathematics of Takebe Katahiro and History of Mathematics in East Asia (Advanced Studies in Pure Mathematics 79, Mathematical Society of Japan) が2018年12月25日に刊行されました.関孝和数学研究所の森本光生先生と私がEditorです.この Proceedingsには国内外から寄せられた21編の論文が収録され,また関孝和・建部賢弘・建部賢明の『大成算経』から第12「円法」(森本・小川訳),17「全題解」(森本・藤井訳),19巻「演段例」(森本・藤井訳)の英訳が付されています.全部で561ページあります.Editorにとって,とてもうれしいクリスマス・プレゼントとなりました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください