四日市大学環境情報学部



交流ブログ

平成28年6月1日(水)に環境情報学部1年生54名が四日市市クリーンセンターを見学した。これは、環境情報学部の必修授業である環境情報学概論Ⅰの中で行われたもので、城之内教授、武本教授、高橋元教授が引率した。本施設は、四日市市の旧北部清掃工場に隣接して建設された市の最新鋭のごみ焼却施設で、今年4月に稼働し、運営は民間の四日市クリーンシステム(株)が担当している。
 
環境展示や施設案内は同社の社員数名が対応しており、研修室は180名と50名が入ることが出来る2室があり、今回は180名室でセンターの設備概要のDVDや展示を見学をさせていただいた。その後、ごみ処理工場内で、ゴミピット、中央制御室、溶融炉等を順次見学した。
 
本センターの特徴は、四日市市と周辺町村から分別せずに集めた生ごみとプラスチックごみを、最新のガス化溶融炉で焼却処理しているところにある。溶融炉3基で336トン/日のゴミを処理し、1時間毎に溶融スラグを出湯し、これを1日に24回繰り返している。処理後の溶融スラグは骨材や道路の路盤材などに、溶融メタルは建設重機のカウンターウエイトに、溶融飛灰からは再度金属を抽出して資源会社に販売している。埋め立ては溶融飛灰のみとなるため、大幅に減量化され、四日市市南部の最終処分場の延命化を図っているとのことであった。また、発電施設として9000kwの蒸気タービンがあり、4割を自家消費し、6割を売電していると伺った。
 
施設の内部はまったく悪臭がなく、スリッパに履き替えての構内見学で、学生や教員から、大変清潔であったと感想が聞かれました。地域のゴミ問題を考える上で、大変良い経験を学生たちは出来たようです。
 

研修室での受講風景


ゴミ投入口とピット


実物大のピットクレーンの展示


ピットクレーンを操作する係員


溶融炉の底部と操作卓


溶融スラグの出湯の状況


中央制御室とコンソール

 



2016年5月27日(金)に武本教授と高橋元教授、及び、武本ゼミの学生が海蔵川の本支流と上流の竹谷川を調査しました。竹谷川上流の四日市市県地区と菰野町には養豚場があり、そこからの排水がこれらの水系の汚染を引き起こし、県地区では高濃度の有機汚濁で蛍が減少したり、稲作の稲が被害を受けたりしています。
 
この調査はセミナー教育の一環として3年前から続けているもので、今回は調査地点を昨年までの7ヶ所から11ヶ所に増やしました。天気は晴れ時々曇りで、それほど暑くはなく、学生たちは頑張って水質測定と採水を行いました。調査には、県地区市民センターの矢田館長、竹谷川の蛍と桜を守る会、県地区の皆様にご協力いただきました。
 

海蔵川上流の一支流へ養豚場から排水が流入


 県地区の守る会の皆さんと排水口上流の調査


支流の竹谷川上流での採水作業


海蔵川上流部での採水、河床に赤いイトミミズ


透視度の測定。養豚排水の下流で30cmだった。



学生や教職員の皆様に朗報があります。この度、環境情報学部の関根辰夫准教授がiPhone用の「三岐バス時刻表」アプリを制作しました。使い方も簡易で便利なので、是非ご利用ください。なお、本アプリは関根先生がご自身用に作ったもので、利用の結果として生じる損害、ソフトのバグによる損害、将来的なサポートなどは保障されませんのでご注意ください。
 
インストールの方法は次の通りです。(pdfはこちら。)
この文章の下部に動画もあります。
 
☆「三岐バス時刻表」のインストールの仕方
 
この時刻表のデータベースファイルはFileMaker Goというアプリの上で動作します。以下の手順にしたがってiPhoneやiPadにインストールしてください。なお、Androidのスマホには対応していません。
 
1. AppStoreで英文字で”FileMaker Go”と検索してFileMaker Go 14(iOS 8.1以降)をダウンロードします。(FileMaker Go 13も残っているので、間違えないようにしてください。また最新のFileMaker Go 15もありますが、まだ表示が乱れるなどのバグがありますのでなるべくFileMaker Go 14を使ってください。)
 
2. 以下のリンクから「三岐バス時刻表」のデータベースファイルをiPhoneのSafariでダウンロードしてください。
(注意!!!デスクトップ用のサイトを開いて、ダウンロードしてください)
http://eis-yokkaichi-u.jp/sekine/sangi.fmpur
 
3. どのアプリで開くかを確認するダイアログが表示されるので、FileMaker Goを選択します。
 
詳しい使い方は「三岐バス時刻表」を立ち上げて、?マークのヘルプから参照できます。
 
〇利用上の注意
 
・ この時刻表のデータはなるべく正確を期していますが、100%情報が正しいかは保証されません。
・ この時刻表のシステムやデータを用いて、何らかの損害や障害が生じたとしても、一切の責任を負いません。
・ 今後、バス時刻表の改正があった場合は、出来る限り対応して、修正したデータベースファイルを準備しますが、こちらの都合で修正を打ち切ることがあります。
・ データベースファイルを修正した場合は、環境情報学部のホームページに情報を掲載します。
 

   
アプリの画像


 



環境情報学部の武本行正教授は大気質と水質の専門家で、地域とアジア諸国を対象に研究を進めています。今回、武本教授とゼミ生がNHKの取材を受け、その様子が4月28日のNHK Worldで全世界に放送されました。番組のタイトルは「Lessons From Rapid Growth(急速な発展からの教訓)」です。高度経済成長期に発生した四日市公害について、「四日市公害と環境未来館」を紹介しながら、その教訓を世界の人たちに知ってもらおうという内容です。今回の伊勢志摩サミットに合わせて、企画された番組のようです。現在はオンラインで視聴が可能ですので、是非、ご覧ください。
 
動画はこちらから



4月23日(土)に本学3号館にて,三重県高等学校放送連盟による2016年度総会と校内放送研修会が行われました.県内高等学校の放送部顧問,校内放送担当教職員および放送部,校内放送委員会の生徒さん達が参加して行われるもので,当日は約300名の教職員,生徒さんの参加がありました.総会の後,研修会として本学の木村眞知子准教授,関根辰夫准教授,黒田淳哉助教による講演が行われ,参加した生徒さんたちは興味深く聞いていました.
 
木村准教授は,「ドキュメンタリーって・・・」と題して,ドキュメンタリーとドラマについて講演をしました.関根准教授は映像に音響がどのように効果を与えるかを,実際の音を教室で録音して実演しました.黒田助教は照明が演奏者およびステージにどのような効果をもたらすのかについて,スタジオの照明機器を使って実演しました.
 

「ドキュメンタリーって・・・」と題する講演を行う木村准教授


音響機器を使って実演する関根准教授


スタジオでスモークをたいて,照明の説明をする黒田助教



環境情報学部では地域の環境問題を中心に学べる「環境特殊講義」を公開授業として毎年実施しています。講師には環境分野の専門家・実務家の方々をお招きし、教科書では学べない、生きた話題を提供いただいています。今年度の講義スケジュールはこちらをご覧ください。
 
この環境特殊講義ですが、今年度は4月8日(金)にスタートし、既に3回分を終了しました。この3回は四日市公害関連の特別講義と位置付けており、当時の行政の立場から玉置泰生様(1回目)に、当時のコンビナート企業の技術者の立場から佐藤一雄様(2回目)に、そして、「四日市公害と環境未来館」の若手職員として四日市公害問題を発信する仕事をなさっている大杉邦明様(3回目)に、それぞれの見地で四日市公害を語っていただきました。司会は、四日市公害を専門とする総合政策学部の神長唯准教授が務めました。
 
講師の方々には、豊富な資料とともに、その職務を通じてのみ接することのできた出来事や経験を詳しく語っていただき、大変貴重な機会になりました。聴講した学生や市民の方々からも大変好評でした。
 
以下に、講義の写真を幾つかご紹介します。
 

第1回目の講義を行う元四日市市役所助役の玉置泰生様


神長准教授の司会で会場からの質問に答える玉置様


 

石油化学製品について説明を行う佐藤一雄様


神長准教授の司会で、佐藤様にも会場からの質問に答えていただいた。


 

「四日市公害と環境未来館」の紹介を行う大杉邦明様


公害を経験していない若者の立場で、四日市公害とどのように向き合ってゆけば良いかなどを議論をする大杉様と神長准教授



環境情報学部では、「環境情報学概論 I」という1年生の必修授業の中で、自然環境保全について実践的に学ぶ体験実習を行っています。この体験実習は、学内にある里山の整備をして下さっているNPO法人PPK四日市の代表・植松正弘さんに講師を依頼して実現したもので、平成23年度から始まりました。今年度は4月20日(水)に実施しましたので、その様子を報告します。
 
学内の山に入り、竹林と森林の木々の様子を観察した後、竹の間伐作業を実体験しました。学生たちは10名程度の班に分かれ、PPK四日市の会員の方の指導の下、竹を切り倒して裁断し、枝を払って野積みにするという作業を行いました。
また、タケノコ掘りも行いました。タケノコ掘りは、竹の密生を未然に防ぐのに有効な方法です。今年は豊作で、授業に出席した学生や教員たちだけでは取り尽くせないくらいのタケノコが出ていました。
 

竹林の中を観察中


間伐する竹の選び方を聞いています


作業をしている側にもタケノコが



 武本ゼミ生と武本教授、高橋元教授らが、注目されているメタンガス発酵装置の調査を行いました。対象会社は、四日市市の郊外にある活水プラント社㈱で、プラントメーカーとして小型可搬可能な小規模ガス化装置を開発しています。この装置は廃棄物中の有機物からメタンを取り出すととともに水質の浄化を行うもので、現在、近くの養豚場より豚の糞尿を譲り受け、メタン発酵能と水質浄化能をテストしています。
 
 この会社では、現在、本装置のテスト実験を継続して行っており、対象バイオマスとして食品残渣、家畜糞、廃棄木材など多数が想定されます。発生するガスとして、メタンガス、炭酸ガス、硫化水素、アンモニアなどが想定されるので、これら発生ガスのモニタリングが不可欠であり、このための方法を検討し、機材の準備に協力しています。発酵により発生したガスは小型空気ポンプを用いてテフロン袋に採取します。
 
分析方法は携帯型のメタン分析計(RIKEN KEIKI RX515型)を使用し、他のガスは北川式ガス検知管を用いることとし、測定に協力しています。
 

全体装置


曝気槽(運転中)


曝気槽とメタンガスの貯蔵タンク(後方部)


豚の糞尿の投入タンク


発酵槽内は0.024気圧、温度35℃


メタンガスをテフロン袋に採取


メタンガスの発火試験



環境情報学部の千葉教授が運営しているウエブサイト「伊勢湾研究データベース」のデータが更新されました。このサイトは、三重県水産研究所の伊勢湾浅海定線観測データ(1986~2015)と国交省の伊勢湾水質定点データ(2010~2016)をコンター図にして、一覧で見られるようにしたものです。研究者を対象にしていますが、伊勢湾の水質に関心にある方も、是非ご覧ください。
 
三重県水産研究所の伊勢湾浅海定線観測データ(1986~2015)

表示サンプル

国交省の伊勢湾水質定点データ(2010~2016)

表示サンプル



 2016年4月12日(火)および15日(金)の2日間、廣住講師と学生5名が菰野町の水田で土壌調査を行いました。

 この調査は、四日市大学エネルギー環境教育研究会が「伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2」として進めている地域循環型社会づくりと連携して行われたものです。このプロジェクトは、竹林保全の際に発生する竹の間伐材を農業用資材として再生することで、地域資源の循環を目指す取り組みです。

 今回の調査では、竹林の間伐材を粉砕して製造した竹粉の土壌改良効果について検証するため、菰野町にある試験用水田で土壌調査を行い、土壌の状態を調べました。
 

土壌調査の様子

土壌調査の様子



受験生案内


Facebookサイト


2012年7月1日からの
累積アクセス数:395144
現在の訪問者数:1